PHP


【PHP】stripeのwebhook設定

stripeのwebhook設定手順

参考ページ

https://stripe.com/docs/webhooks/setup

https://qiita.com/hirocueki2/items/9dc1eea6836e3f293f47

1.dashboard の「開発者」から webhook の設定をする

エンドポイントの例

https://example.com/stripe_test/webhook_test.php?action=stripehook

2.PHPファイルをサーバーに置く

PHPファイルの例
//////////////////////////////////////////////////////////
<?php

// ダウンロードしたStripeのPHPライブラリのinit.phpを読み込む
//require_once('/home/hoge/stripe-php/init.php'); //手動でダウンロードした場合は init.php になるらしい
require_once('/var/ruigo_stripe_composer/vendor/autoload.php');

// APIのシークレットキー

// Set your secret key: remember to change this to your live secret key in production
// See your keys here: https://dashboard.stripe.com/account/apikeys
\Stripe\Stripe::setApiKey('秘密キー');

// You can find your endpoint's secret in your webhook settings
$endpoint_secret = 'whsec_~から始まるエンドポイントの秘密キー';

$payload = @file_get_contents('php://input');
$sig_header = $_SERVER['HTTP_STRIPE_SIGNATURE'];
$event = null;

try {
$event = \Stripe\Webhook::constructEvent(
$payload, $sig_header, $endpoint_secret
);
} catch(\UnexpectedValueException $e) {
// Invalid payload
http_response_code(400);
exit();
} catch(\Stripe\Error\SignatureVerification $e) {
// Invalid signature
http_response_code(400);
exit();
}

//
// $eventに対しての処理を行う
//

$event_json = json_decode($payload);

$event_id = $event_json->id;

//dashboard からのテスト送信だと id が 00000 になるのでエラーが返る
try {
$event = \Stripe\Event::retrieve($event_id);
} catch(\Stripe\Error\InvalidRequest $e) {
// Invalid payload
http_response_code(400);
exit();
} catch(\Stripe\Error $e) {
// Invalid payload
http_response_code(400);
exit();
}

if ($event->type == 'customer.created') {

//ここに自分自身にメール送信やデータベースへの登録などの処理を記述

}

if ($event->type == 'customer.subscription.deleted') {
}

if ($event->type == 'customer.subscription.updated') {
}

if ($event->type == 'invoice.payment_succeeded') {
}

echo "aa"; //このページからのレスポンス。stripe のダッシュボードで確認できる
http_response_code(200);

?>
//////////////////////////////////////////////////////////

【PHP】stripeでカード情報を更新してデフォルトに設定する

stripeでカード情報を更新してデフォルトに設定する

JCBカードは洗い替えに対応していないので更新を促す必要がある。
カード番号更新フォームに作り方。

https://stripe.com/jp/blog/smarter-saved-cards

//カード情報を更新してデフォルト 方法1
//////////////////////////////////////////////////
\Stripe\Customer::update($stripe_cus_id, [
'source' => $token, ← 顧客からフォームを通してカードを番号を入力してもらって取得
]);
//////////////////////////////////////////////////

リファレンス

https://stripe.com/docs/saving-cards

//カード情報を更新してデフォルト 方法2
//すでに登録されているカード情報に追加して、二枚目のカードとして新しいカードを登録する場合

//////////////////////////////////////////////////

//まず登録
$card = \Stripe\Customer::createSource(
$stripe_cus_id,
[
'source' => $token,
]);

//新しいカードをデフォルトに切り替える
$customer = \Stripe\Customer::retrieve($stripe_cus_id);
$customer->default_source=$card['id'];
//$customer->save();
//////////////////////////////////////////////////

stripe & phpで定額決済を導入

1.stripe のダッシュボードで定額商品を作成。ここで作られる プランid がスクリプトで必要になる。

プランid の他にも id がつくられるので間違えやすい。plan_ から始まるものが正解。 prod_ から始まるものは違う。

参考:
Stripe サブスクリプション実装の際に必要なidについて

2.php スクリプトを記述

//購入画面(order.html)
--------------------------------------------------
<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="utf-8">
<title>購入画面</title>
<!-- 購入ボタンのCSS -->
<style type="text/css">
.stripe-button-el {
width: 350px;
max-width: 100%;
}
.stripe-button-el span {
font-size: 18px;
padding-top: 15px;
min-height: 60px!important;
}
</style>
</head>

<body>
<form action="charge_subsc.php" method="POST">
<?php //data-key は公開キー ?>
<script src="https://checkout.stripe.com/checkout.js" class="stripe-button"
data-key="公開キー"
data-name="サブスクプラン"
data-description="◯◯◯◯◯◯◯"
data-locale="auto"
data-amount="400"
data-currency="jpy"
data-label="お申し込みする">
</script>
</form>
</body>
</html>
--------------------------------------------------
//購入画面からデータを投げる先(charge_subsc.php)
--------------------------------------------------
<?php
// ダウンロードしたStripeのPHPライブラリのinit.phpを読み込む
//require_once('/home/hoge/stripe-php/init.php'); //手動でダウンロードした場合は init.php になるらしい
require_once('/var/hoge/vendor/autoload.php');

// APIのシークレットキー
\Stripe\Stripe::setApiKey('秘密キー');

try
{
$customer = \Stripe\Customer::create(array(
'email' => $_POST['stripeEmail'],
'source' => $_POST['stripeToken'],
));

$subscription = \Stripe\Subscription::create(array(
'customer' => $customer->id,
'items' => array(array('plan' => '1で作ったプランのid')),
));

//データベース操作など stripe とは関係ない処理
//必要に応じてデータベースに保存する
$customer_id = $customer->id;
$subscription_id = $subscription->id;
$last4 = $customer->sources->data[0]->last4; //カード番号下四桁
$exp_month = $customer->sources->data[0]->exp_month; //カード有効月
$exp_year = $customer->sources->data[0]->exp_year; //カード有効年
$card_exp_date = $exp_month . "/" . $exp_year;

header('Location: thankyou.html');
exit;
}
catch(Exception $e)
{
// header('Location:oops.html');

echo "error:" . $e->getMessage();
error_log("unable to sign up customer:" . $_POST['stripeEmail'].
", error:" . $e->getMessage());
}
// サンキューページへリダイレクト
exit;
?>
--------------------------------------------------
これでできるはず。

ちなみにキャンセルはこれ
--------------------------------------------------
//サブスクリプションをキャンセル
$subscription = \Stripe\Subscription::retrieve($stripe_subsc_id);
$subscription->cancel();
--------------------------------------------------

メインで参考にしたページ

https://teratail.com/questions/118633

さくらvpsのwebサイトにstripeを導入

前提
php で composer が使える状態である
composer の導入はこちら

1.ComposerでStripeライブラリをインストールする

2.ファイルの設置

メインで参考にしたページ

https://qiita.com/p_s_m_t/items/a69dfbc75804fe86ad9c

ファイル内でライブラリをロードするときの注意点

ComposerでStripeライブラリをインストールした場合
-------------------------------------------------
require_once('/stripe_test/vendor/autoload.php');
-------------------------------------------------

Composerを使わず、手動でStripeライブラリをダウンロードしてサーバーに置いた場合
-------------------------------------------------
require_once('/stripe_test/stripe-php/init.php');
-------------------------------------------------
デフォルトのファイル名が違うので間違えないように

さくらVPSのphpにcomposerを導入

composer が導入されているか

 

composer が利用できないことを確認
----------------------------------------
composer --version
-bash: composer: コマンドが見つかりません
----------------------------------------

 

composer をどこのディレクトリにダウンロードしてどこにインストールするべきか確認した結果、特に決まりはなく任意のディレクトリでよさそうだ。ただ、プロジェクトだけで必要か、システム全体で使えるようにしたいのかでインストールの実行ディレクトリを決めればいいという意見も多くあった。

自分はさくらVPS の環境でグローバルで使えたほうが便利と考えたのでファイルのダウンロード先を ルートディレクトリ(/root)と決めた

 

root になってホームディレクトリ(/root)でコマンドを実行
-----------------------------------------------------------------------
php -r "copy('https://getcomposer.org/installer', 'composer-setup.php');"
-----------------------------------------------------------------------

すると /root に composer-setup.php がダウンロードされる

 

次のコマンドでファイルに問題がないか確認
-----------------------------------------------------------------------
php -r "if (hash_file('sha384', 'composer-setup.php') === '48e3236262b34d30969dca3c37281b3b4bbe3221bda826ac6a9a62d6444cdb0dcd0615698a5cbe587c3f0fe57a54d8f5') { echo 'Installer verified'; } else { echo 'Installer corrupt'; unlink('composer-setup.php'); } echo PHP_EOL;"
-----------------------------------------------------------------------
Installer verified と出たらOK

セットアップを実行
-----------------------------------------------------------------------
php composer-setup.php
-----------------------------------------------------------------------

この状態でカレントディレクトリであるルートディレクトリ(/root)を確認すると composer 関連の二つのファイルが確認できる
-----------------------------------------------------------------------
composer-setup.php composer.phar
-----------------------------------------------------------------------

composer-setup.php はもういらないので削除
-----------------------------------------------------------------------
php -r "unlink('composer-setup.php');"
-----------------------------------------------------------------------

パスを通すために composer.phar を /usr/local/bin/composer に移動
-----------------------------------------------------------------------
mv composer.phar /usr/local/bin/composer
-----------------------------------------------------------------------

composer は root で実行しないように推奨されているのでユーザーを変更。
-----------------------------------------------------------------------
su - ユーザー名
-----------------------------------------------------------------------
参考:rootユーザでcomposerコマンドを実行してはダメな理由

https://akamist.com/blog/archives/261

 

composer が利用できることを確認
--------------------------------------------------------------------------------
composer
--------------------------------------------------------------------------------

 

実際に利用するには composer.json ファイルが必要

適当なディレクトに移動、もしくは作る。自分は /var 直下に作った。

カレントディレクトリに composer.json をつくる。
-q で対話形式の入力を行わない
--------------------------------------------------
composer init -q
--------------------------------------------------

インストール参考

https://technoledge.net/composer-install-and-use/

https://laboradian.com/php-composer/

https://qiita.com/inakadegaebal/items/d370bcb1627fce2b5cd1

https://weblabo.oscasierra.net/php-composer-centos-install/

composerディレクトリ構成

http://tadasy.hateblo.jp/entry/2013/10/09/193415

【さくらのVPS】mb_send_mail でメールが送れない

php の mb_send_mail 関数で一部のメールが送れない。
yahoo メール宛てには送れるのに、独自メールが送れない。

--------------------------------------------------
環境
送信元:さくらのVPS WEBサーバーより mb_send_mail を利用
--------------------------------------------------

mb_send_mail 関数自体はエラーを吐かず、正常に終了する。

ターミナルでメールエラーを確認
--------------------------------------------------
cd /var/log/maillog
--------------------------------------------------

エラーっぽい箇所の抜粋
--------------------------------------------------
May 29 12:14:51 localhost postfix/smtp[32237]: 70ED82C028C: to=, relay=○○.sakura.ne.jp[49.212.235.97]:25, delay=0.08, delays=0.02/0/0.04/0.02, dsn=5.1.8, status=bounced (host ○○.sakura.ne.jp[49.212.235.97] said: 553 5.1.8 ... Domain of sender address apache@localhost.localdomain does not exist (in reply to MAIL FROM command))
--------------------------------------------------

検索して見つけた対処法
設定してなかった mb_send_mail 第五引数に "-fプロバイダメールアドレス" を指定。
第五引数はエラーがあった場合にメールを送信するメールアドレス。
これで送信できるようになった。

ちなみに別で契約しているもう一つのさくらVPSでは 第五引数がなくても送信できている。サーバーの設定を変えることでも問題解決できそうだ。

参考

https://okwave.jp/qa/q4822148.html

https://b-risk.jp/blog/2013/01/php_mb_send_mail/

追記
ezweb を使っている方から仮登録メールが届かないという連絡が問い合わせフォームからあった。

SPF の設定が何のが原因か?

----------------------------------------
"v=spf1 +ip4:web公開サーバーのipアドレス +mx ~all"
----------------------------------------

参考

https://qiita.com/ryounagaoka/items/931081c74b5c7a9b2bff

spfの確認

http://mxtoolbox.com/spf.aspx

追記2
gmail 宛てに送ったら迷惑メールに振り分けられたら

gmail から メールヘッダーを確認。

Received-SPF の部分が softfail になっていたらそれが原因。
ip6 対応のサーバーから送信した場合、SPF の設定に ip6 を追加する必要がある。

参考

https://www.nalabo.net/blog/2013/06/18/148

さくらのvpsにおいてphpでメールが送れない

php の mb_send_mail 関数でメールが送れない。他のサーバーでは送れるのでスクリプトのエラーではない。

ターミナルから送ろうとするとエラーが出た。

こう打つ
--------------------------------------------------------------------
[root@localhost ~]# echo "test" | /usr/sbin/sendmail -t -i ○○@yahoo.co.jp
--------------------------------------------------------------------

//↓出たエラー
--------------------------------------------------------------------
sendmail: fatal: parameter inet_interfaces: no local interface found for ::1
--------------------------------------------------------------------

↓このページのようにしたらできた。

https://qiita.com/cs_sonar/items/706a9204cba1a8e99cb1

postfix はメールを送るためのソフト。

php + mysql のデータマイニングを高速化したときの覚書

mysql のデータベース内に入っているデータをphpを使ってデータマイニングした際、時間がかかったのでしたこと。

何も対策せずにすると35日ほどかかった。

もう一度する必要でてきたのでそのときにしたこと。

ブラウザを複数立ち上げて同時に処理していった。

このとき同じブラウザ(IE)でやると、それぞれのブラウザで処理が倍になってトータル時間が変わらなかった。

なので、IE、chrome、opera の三つで同時に行った。

単純に三倍速くはならなかったけど、2.5倍ほど早くなったように思う。

iphoneで一部のページが読み込めない

iphone で一部のページが読み込めない。PCでは問題なく表示されるページでも iphone では safari も chrome もダメだった。

iphone_server_error

「ページを開けません。サーバーが応答を停止しています。」と出る。

PCでページの読み込み時間を計測した
ttfb_time
FFTBが長すぎ

原因は、サーバーサイド(PHP)の処理に時間がかかりすぎるため。どうも iphone では 60 秒以上データを送信しない PHP ファイルはサーバー停止と同じエラーがブラウザに出るみたい。

対策として PHP の繰り返し処理中に1バイトの送信を繰り返す。するとサーバー停止扱いにはならない。

//半角スペースを出力してファイルが処理中であることを iphone に伝える
-------------------------------------------------
echo " ";
-------------------------------------------------

【さくらVPS】php.ini の設定変更の覚書

さくらVPSでphpをインストールした際、別のサーバーでは出なかったエラーが出るようになった。
エラーを表示にした時の設定の覚書

初期設定でphpのエラー出力が非表示になっていたので表示するに変える
-------------------------------------------------
display_errors = Off
-------------------------------------------------
↓↓↓
-------------------------------------------------
display_errors = On
-------------------------------------------------

初期設定が↓のようになっていて「Notice: Undefined index」エラーが出るので変更
-------------------------------------------------
error_reporting = E_ALL & ~E_DEPRECATED & ~E_STRICT
-------------------------------------------------

-------------------------------------------------
error_reporting = E_ALL & ~E_NOTICE & ~E_STRICT & ~E_DEPRECATED
-------------------------------------------------

1 / 612345...最後 »