mailコマンドでメールを見る

mailコマンドでメールを見る

ターミナルにログインして
---------------------------------------
mail
---------------------------------------

ローカルに受信したメールのタイトルや日時などの情報の一覧が出る。

受信したメールが多くて一画面に収まらない場合

次のページへ移動
---------------------------------------
z
---------------------------------------

前のページへ戻る
---------------------------------------
z-
---------------------------------------

メール内容を表示
---------------------------------------
p 999(メール番号を指定)
---------------------------------------

お問い合わせフォームからメールが届かなくなった

運営しているサイトのお問い合わせフォームからメールが届かなくなった。

さくらのVPSのサーバー名(hostname)を変更した後からメールが届いていない。

---------------------------------------------------
localhost.localdomain → 運営サイトのドメイン(~~.info)
---------------------------------------------------

ターミナルから maillog を見ると以下の記述

---------------------------------------------------
dsn=5.1.1, status=bounced (unknown user: "renraku")
---------------------------------------------------

ネットで調べると /etc/postfix/main.cf の設定を変えればいいとあるので変更
(参考: https://qiita.com/myzkyy/items/cfb6b1f95eb6af6261ec)

mydestination はローカルに送る送り先を指定するディレクティブ
---------------------------------------------------
mydestination = $myhostname, localhost.$mydomain, localhost

↓↓↓↓↓↓↓

mydestination =
---------------------------------------------------

postfix を再起動。

---------------------------------------------------
/etc/init.d/postfix restart
---------------------------------------------------

メールを再送して確認。OK。

サーバーを再起動したら mysql に繋がらなくなった。

サーバーを再起動したら mysql に繋がらなくなった。

サイトにアクセスしたときに表示された PHP のエラーメッセージ
-----------------------------------------------------------
Warning: mysql_set_charset(): No such file or directory in /var/www/libs/~~~~

Warning: mysql_set_charset(): A link to the server could not be established in /var/www/~~~~~
ConnectError!DB Error: connect failed
-----------------------------------------------------------

ターミナルから mysql にログインすると次のエラー
-----------------------------------------------------------
Can't connect to local MySQL server through socket '/var/lib/mysql/mysql.sock' (2)
-----------------------------------------------------------

socketファイルというものが無いのが原因のよう。

ターミナルから mysql を再起動するとsocketファイルが作られるらしいので、再起動して解決。
-----------------------------------------------------------
sudo /etc/init.d/mysqld restart
-----------------------------------------------------------

参考サイト

https://qiita.com/kanohisa/items/564035efd74d9c75bdcb

phpmyadminにログインできない

phpmyadminにログインできない

ログインすると以下の画面

mysql_error

Error during session start; please check your PHP and/or webserver log file and configure your PHP installation properly. Also ensure that cookies are enabled in your browser.

session_write_close(): write failed: No space left on device (28)

session_write_close(): Failed to write session data (files). Please verify that the current setting of session.save_path is correct (/var/lib/php/session)

セッション開始中にエラーが発生しました。 PHPやWebサーバーのログファイルをチェックして、PHPのインストールを正しく設定してください。また、ブラウザでクッキーが有効になっていることを確認してください。

ターミナルから実行
--------------------------------
df -h コマンドを実行する。
--------------------------------

tarminal

ファイル容量がいっぱいなので不要なファイルを削除する

参考サイト

https://qiita.com/myzkyy/items/53e985cf028e3c3edfe5

stripe & phpで定額決済を導入

1.stripe のダッシュボードで定額商品を作成。ここで作られる プランid がスクリプトで必要になる。

プランid の他にも id がつくられるので間違えやすい。plan_ から始まるものが正解。 prod_ から始まるものは違う。

参考:
Stripe サブスクリプション実装の際に必要なidについて

2.php スクリプトを記述

//購入画面(order.html)
--------------------------------------------------
<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="utf-8">
<title>購入画面</title>
<!-- 購入ボタンのCSS -->
<style type="text/css">
.stripe-button-el {
width: 350px;
max-width: 100%;
}
.stripe-button-el span {
font-size: 18px;
padding-top: 15px;
min-height: 60px!important;
}
</style>
</head>

<body>
<form action="charge_subsc.php" method="POST">
<?php //data-key は公開キー ?>
<script src="https://checkout.stripe.com/checkout.js" class="stripe-button"
data-key="公開キー"
data-name="サブスクプラン"
data-description="◯◯◯◯◯◯◯"
data-locale="auto"
data-amount="400"
data-currency="jpy"
data-label="お申し込みする">
</script>
</form>
</body>
</html>
--------------------------------------------------
//購入画面からデータを投げる先(charge_subsc.php)
--------------------------------------------------
<?php
// ダウンロードしたStripeのPHPライブラリのinit.phpを読み込む
//require_once('/home/hoge/stripe-php/init.php'); //手動でダウンロードした場合は init.php になるらしい
require_once('/var/hoge/vendor/autoload.php');

// APIのシークレットキー
\Stripe\Stripe::setApiKey('秘密キー');

try
{
$customer = \Stripe\Customer::create(array(
'email' => $_POST['stripeEmail'],
'source' => $_POST['stripeToken'],
));

$subscription = \Stripe\Subscription::create(array(
'customer' => $customer->id,
'items' => array(array('plan' => '1で作ったプランのid')),
));

//データベース操作など stripe とは関係ない処理
//必要に応じてデータベースに保存する
$customer_id = $customer->id;
$subscription_id = $subscription->id;
$last4 = $customer->sources->data[0]->last4; //カード番号下四桁
$exp_month = $customer->sources->data[0]->exp_month; //カード有効月
$exp_year = $customer->sources->data[0]->exp_year; //カード有効年
$card_exp_date = $exp_month . "/" . $exp_year;

header('Location: thankyou.html');
exit;
}
catch(Exception $e)
{
// header('Location:oops.html');

echo "error:" . $e->getMessage();
error_log("unable to sign up customer:" . $_POST['stripeEmail'].
", error:" . $e->getMessage());
}
// サンキューページへリダイレクト
exit;
?>
--------------------------------------------------
これでできるはず。

ちなみにキャンセルはこれ
--------------------------------------------------
//サブスクリプションをキャンセル
$subscription = \Stripe\Subscription::retrieve($stripe_subsc_id);
$subscription->cancel();
--------------------------------------------------

メインで参考にしたページ

https://teratail.com/questions/118633

さくらvpsのwebサイトにstripeを導入

前提
php で composer が使える状態である
composer の導入はこちら

1.ComposerでStripeライブラリをインストールする

2.ファイルの設置

メインで参考にしたページ

https://qiita.com/p_s_m_t/items/a69dfbc75804fe86ad9c

ファイル内でライブラリをロードするときの注意点

ComposerでStripeライブラリをインストールした場合
-------------------------------------------------
require_once('/stripe_test/vendor/autoload.php');
-------------------------------------------------

Composerを使わず、手動でStripeライブラリをダウンロードしてサーバーに置いた場合
-------------------------------------------------
require_once('/stripe_test/stripe-php/init.php');
-------------------------------------------------
デフォルトのファイル名が違うので間違えないように

さくらVPSのphpにcomposerを導入

composer が導入されているか

 

composer が利用できないことを確認
----------------------------------------
composer --version
-bash: composer: コマンドが見つかりません
----------------------------------------

 

composer をどこのディレクトリにダウンロードしてどこにインストールするべきか確認した結果、特に決まりはなく任意のディレクトリでよさそうだ。ただ、プロジェクトだけで必要か、システム全体で使えるようにしたいのかでインストールの実行ディレクトリを決めればいいという意見も多くあった。

自分はさくらVPS の環境でグローバルで使えたほうが便利と考えたのでファイルのダウンロード先を ルートディレクトリ(/root)と決めた

 

root になってホームディレクトリ(/root)でコマンドを実行
-----------------------------------------------------------------------
php -r "copy('https://getcomposer.org/installer', 'composer-setup.php');"
-----------------------------------------------------------------------

すると /root に composer-setup.php がダウンロードされる

 

次のコマンドでファイルに問題がないか確認
-----------------------------------------------------------------------
php -r "if (hash_file('sha384', 'composer-setup.php') === '48e3236262b34d30969dca3c37281b3b4bbe3221bda826ac6a9a62d6444cdb0dcd0615698a5cbe587c3f0fe57a54d8f5') { echo 'Installer verified'; } else { echo 'Installer corrupt'; unlink('composer-setup.php'); } echo PHP_EOL;"
-----------------------------------------------------------------------
Installer verified と出たらOK

セットアップを実行
-----------------------------------------------------------------------
php composer-setup.php
-----------------------------------------------------------------------

この状態でカレントディレクトリであるルートディレクトリ(/root)を確認すると composer 関連の二つのファイルが確認できる
-----------------------------------------------------------------------
composer-setup.php composer.phar
-----------------------------------------------------------------------

composer-setup.php はもういらないので削除
-----------------------------------------------------------------------
php -r "unlink('composer-setup.php');"
-----------------------------------------------------------------------

パスを通すために composer.phar を /usr/local/bin/composer に移動
-----------------------------------------------------------------------
mv composer.phar /usr/local/bin/composer
-----------------------------------------------------------------------

composer は root で実行しないように推奨されているのでユーザーを変更。
-----------------------------------------------------------------------
su - ユーザー名
-----------------------------------------------------------------------
参考:rootユーザでcomposerコマンドを実行してはダメな理由

https://akamist.com/blog/archives/261

 

composer が利用できることを確認
--------------------------------------------------------------------------------
composer
--------------------------------------------------------------------------------

 

実際に利用するには composer.json ファイルが必要

適当なディレクトに移動、もしくは作る。自分は /var 直下に作った。

カレントディレクトリに composer.json をつくる。
-q で対話形式の入力を行わない
--------------------------------------------------
composer init -q
--------------------------------------------------

インストール参考

https://technoledge.net/composer-install-and-use/

https://laboradian.com/php-composer/

https://qiita.com/inakadegaebal/items/d370bcb1627fce2b5cd1

https://weblabo.oscasierra.net/php-composer-centos-install/

composerディレクトリ構成

http://tadasy.hateblo.jp/entry/2013/10/09/193415

【さくらのVPS】mb_send_mail でメールが送れない

php の mb_send_mail 関数で一部のメールが送れない。
yahoo メール宛てには送れるのに、独自メールが送れない。

--------------------------------------------------
環境
送信元:さくらのVPS WEBサーバーより mb_send_mail を利用
--------------------------------------------------

mb_send_mail 関数自体はエラーを吐かず、正常に終了する。

ターミナルでメールエラーを確認
--------------------------------------------------
cd /var/log/maillog
--------------------------------------------------

エラーっぽい箇所の抜粋
--------------------------------------------------
May 29 12:14:51 localhost postfix/smtp[32237]: 70ED82C028C: to=, relay=○○.sakura.ne.jp[49.212.235.97]:25, delay=0.08, delays=0.02/0/0.04/0.02, dsn=5.1.8, status=bounced (host ○○.sakura.ne.jp[49.212.235.97] said: 553 5.1.8 ... Domain of sender address apache@localhost.localdomain does not exist (in reply to MAIL FROM command))
--------------------------------------------------

検索して見つけた対処法
設定してなかった mb_send_mail 第五引数に "-fプロバイダメールアドレス" を指定。
第五引数はエラーがあった場合にメールを送信するメールアドレス。
これで送信できるようになった。

ちなみに別で契約しているもう一つのさくらVPSでは 第五引数がなくても送信できている。サーバーの設定を変えることでも問題解決できそうだ。

参考

https://okwave.jp/qa/q4822148.html

https://b-risk.jp/blog/2013/01/php_mb_send_mail/

追記
ezweb を使っている方から仮登録メールが届かないという連絡が問い合わせフォームからあった。

SPF の設定が何のが原因か?

----------------------------------------
"v=spf1 +ip4:web公開サーバーのipアドレス +mx ~all"
----------------------------------------

参考

https://qiita.com/ryounagaoka/items/931081c74b5c7a9b2bff

spfの確認

http://mxtoolbox.com/spf.aspx

追記2
gmail 宛てに送ったら迷惑メールに振り分けられたら

gmail から メールヘッダーを確認。

Received-SPF の部分が softfail になっていたらそれが原因。
ip6 対応のサーバーから送信した場合、SPF の設定に ip6 を追加する必要がある。

参考

https://www.nalabo.net/blog/2013/06/18/148

さくらのvpsにおいてphpでメールが送れない

php の mb_send_mail 関数でメールが送れない。他のサーバーでは送れるのでスクリプトのエラーではない。

ターミナルから送ろうとするとエラーが出た。

こう打つ
--------------------------------------------------------------------
[root@localhost ~]# echo "test" | /usr/sbin/sendmail -t -i ○○@yahoo.co.jp
--------------------------------------------------------------------

//↓出たエラー
--------------------------------------------------------------------
sendmail: fatal: parameter inet_interfaces: no local interface found for ::1
--------------------------------------------------------------------

↓このページのようにしたらできた。

https://qiita.com/cs_sonar/items/706a9204cba1a8e99cb1

postfix はメールを送るためのソフト。

壊れたnasのHDDからデータを取り出す

台風で停電になった後、qnap の turbo nas の動作が不安定になった。

Windows10 からアクセスしてもネットワークがすぐに途切れる。

他の PC からアクセスしても症状は変わらず。nas に外付け HDD を接続してそこにコピーしようとしてもマウントが解除される。

以上のことから nas もしくは HDD に問題がある可能性がとても高い。

とりあえず、ネットワークが切れるまでの数秒から数分の間は HDD にアクセスできるので、切断されたらまた接続を繰り返して、Windows の Cドライブにデータを移行。

また、turbo nas の電源を落として再起動すると、再起動完了時に nas 本体のディスプレイに表示される IPアドレスが、0.0.0.0 になっているのに気づく。

nas 本体に LAN 端子が二つあるので 下の端子から上の端子に LAN ケーブルをつなぎ変えると IPアドレスが正しいものに戻った。(LANケーブルを変えたこと関係があるかは不明)

途中で切れることはなくなった。

nas 本体に外付けHDDを繋げてコピーできる機能があるが、なぜか途中でエラーになる。

なので、外付けHDDを買いなおしてふたたび実行したら滞りなくできた。このときフォーマットなどはしていない。一度エラーを出したHDDだったのが原因かもしれない。エラーが出たHDDもフォーマットしたらうまくいっていたかも。

↓ raid設定のHDDからデータを取り出す方法。実行はしていないけどわかりやすい。

https://datarescue.yamafd.com/software_to_read_nas_hdd/

1 / 3112345...102030...最後 »