【さくらvps】CentOS6 で php を update

標準リポジトリから php をインストールしたら php5.3 だったので、php5.6 にした時の覚書

現在有効なリポジトリの一覧を表示

コマンド
-------------------------------------------------
yum repolist all
-------------------------------------------------
status が enabled となっているのが有効なリポジトリ

epel は有効になっていた

最新バージョンの php を手に入れるには Remi リポジトリを利用するのがいいらしいので、使えるようにする。

CentOS6系で Remi リポジトリをインストール
-------------------------------------------------
rpm -Uvh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-6.rpm
-------------------------------------------------
以下ほぼこちら通り:CentOS6/CentOS7にPHP5.6/PHP7をyumでインストール

現在のPHPバージョンを確認
-------------------------------------------------
rpm -qa | grep php
php --version
-------------------------------------------------

現在のphp を削除(しなくても update されるけど念のため)
-------------------------------------------------
yum remove php-*
-------------------------------------------------

PHP5.6をインストール
-------------------------------------------------
yum install --enablerepo=remi,remi-php56 php php-devel php-mbstring php-pdo php-gd
-------------------------------------------------

php をインストールしたら php.ini の編集も忘れずに

ここを参考にphp.ini で4か所のみ設定する
---------------------------------------
mbstring.language
mbstring.internal_encoding
mbstring.detect_order = UTF-8,SJIS,EUC-JP,JIS,ASCII
expose_php ← on だとレスポンスヘッダーに php のバージョンが表示されてしまうので Off にする
---------------------------------------

自分の環境では以下の2つは設定変更しなかった
---------------------------------------
error_log ← 指定しなくてもサーバーに保存されるようなので指定しない
mbstring.http_input ← 非推奨なので設定しない
---------------------------------------