【正規表現】文字列の否定、ある文字列を含まない

「abc」という文字列で始まらない
---------------------
^(?!abc).+$
---------------------

文頭から文末まで「abc」という文字列を含まない
---------------------
^(?!.*abc).+$
---------------------

文字列start~endまでに「abc」という文字列を含まない
---------------------
start(?:(?!abc).)*?end
---------------------
参考URL:

http://ynomura.dip.jp/archives/2015/12/post_53.html

Aの直後から「abc」という文字列を含まない繰り返し
---------------------
A((?!abc).)*?
---------------------

直後に「ABC」も「XYZ」もこないY
---------------------
Y(?!(ABC|XYZ))
---------------------

↓↓もう少し詳しく理解する。↓↓

(?!」と「)」で文字列を囲む正規表現を否定的先読みという。

これを利用すると、囲まれた文字(パターン)がある文字の直後に存在しない位置にマッチする。普通、正規表現はマッチする文字列を見つけるが、(?!――)はその位置を見つけるだけである。「^」が行頭、「$」が行末の場所を示すのと同じように(?!――)も場所を示すだけ

次のパターンと比較すると理解しやすい。

行頭から続く文字を繰り返している
-----------------
^.*
-----------------

(Aの直後から)abcという文字列を含まない位置にある文字を繰り返している
-----------------
A((?!abc).)*
-----------------

くどいようだが赤字はあくまでも位置を示す。