windows7でarpのキャッシュを削除する(管理者権限のあるコマンドプロンプトの出し方)

コマンドプロンプトから、「arp -d」を実行するとarpキャッシュを削除できる。
だが管理者権限のないコマンドプロンプトではエラーが出る。

cmd

ARP エントリを削除できませんでした: 要求された操作には管理者特権が必要です。

管理者権限をつけるには、

1.「スタート」-「すべてのプログラム」-「アクセサリ」
2.「コマンドプロンプト」を右クリックして、「管理者として実行」をクリック。

新しく出たコマンドプロンプトのウインドウで「arp -d」を実行すればうまくいく。

参考サイト

ARPとは、
ARP(Address Resolution Protocol) → 与えられたIPアドレスからMACアドレスを求めるためのプロトコル。
※resolution(レゾリューション) → 決心する。解決する。分析する。解像度。(resolve の名詞形)

arpコマンドは、ARP(Address Resolution Protocol)テーブルの表示/設定を行う。

ARPテーブル → イーサネット通信のために用いられるIPアドレスとMACアドレスの対照表。