バッファロー無線LAN(WHR-HP-GN)が繋がらなかったときの覚書

古dellで有線接続していた回線がつながらなくなった。ネットブックも無線で同じルーターにつなげてたので、こちらも不通。

ルーターを再起動しても、プロバイダを変更してもダメ。

ルーターにはアクセスできるので別PCで解決策を検索。

セッション数が足りないのではないかと、以前トラぶったときのことを思い出す。

現在フレッツADSLで2セッション持ってるが、1セッションは別のルーター、別プロバイダーで接続中。
もしかして、もう1セッションがフレッツスクエアにつながってて、セッション数を使い果たしてないかとルーターの設定をチェック。
こちらも問題なし。
今まで手動でやってたネット接続の設定を自動で行ってみる。

「ルータートップ画面」→「インターネット接続を行う」でつながる回線がひとつ見つかる。そこをクリック。

おお、つながった。

しかし疑問がひとつ。

手動設定でプロバイダ「ビッグローブ」に書き換えたはずなのに、前回設定の「ぷらら」でつながってる。ようは、情報が上書きされてない!?

「ルータートップ画面」の「IPアドレス取得方法」も自動取得したせいで、「PPPoEクライアント機能を使用する」から「インターネット@スタートを行う」に変更されてる。UWSCがうまく作動するかどうか。心配だ。

WINXPがある日「限定または接続なし」エラーでネットに繋がらない

複数あるPCの一台(青dell)が突然ネットにつながらなくなった。
無線ルーターにもアクセスできない状況。

「限定または接続なし」と出る。XPSP2以降でネットワークトラブル時に出るエラーらしい。

とりあえず次のことを試す。

1.ルーターの電源を落として再接続

2.IPアドレスの開放→再取得
画面右端に出るネットワーク接続のアイコンを右クリックして「修復」を選択
(コマンドプロンプトの「ipconfig /release」「ipconfig /renew」も同じ)

いづれも変化なし。

3.IPアドレスがうまく割り当たってないのが原因と読み、DHCPを手動設定にしてみる。

他のPCから無線ルーターにアクセス。
バッファローAirStation(WHR-HP-GN)の「トップ画面」 → 「internet/LAN」 → 「DHCPリース」でIPアドレスとMACアドレスを指定。
※MACアドレスの確認はコマンドプロンプトで「ipconfig /all」を実行。Physical AddressがMACアドレスのこと。

指定したアドレスは「192.168.11.6」
他のPCで次のアドレスは利用済みだった。
メインPC(古dell)192.168.11.2  ネットブック 192.168.11.3

PC側もDHCP自動割当を手動設定にする。
IPアドレス(ルーターに設定したもの)、サブネットマスク(自動で入る)、デフォルトゲートウェイ(他のPCで確認)を指定してOK。

右下のエラーが消えた。解決かとブラウザを再起動したが、つながらず。XP自体も再起動するが、状況変わらず。

とりあえず諦める。

fireworksで幅100pxぴったりの囲み枠あり画像を作る

ホームページ作成をしていると、サイズを1px単位で指定して、画像を作りたいときがあります。

htmlのwidthやheightで出力時にリサイズすることもできますが、ブラウザによっては画像が潰れます。きれいに表示するには、作成時にぴったりサイズの画像を作るのが確実です。

今回は、fireworksでバナーをつくったのでメモしときます。

バナーの条件

・幅100pxちょうど
・バナーを2pxのボーダーで囲む。ボーダーを含めて100px

fireworksで囲み線をつくるときは、「ストローク」を使います。
100pxの画像を作りたいからといって、画像を100pxちょうどで作るとうまくいきません。
ストロークでつくる囲み枠は元画像に外側に描かれます。したがって100pxの画像を2pxのボーダーで囲うと、合計で104pxの画像になってしまいます。

100pxちょうどにするには、画像サイズを96pxに指定します。
その後、ストロークを3pxに指定すると、画像の左右に2pxずつボーダーが描かれてぴったり100pxとなります。

ストロークは1pxで指定すると、画像の後に隠れて表示されません。したがって、1pxのボーダーを描きたいなら、2px、2pxのボーダーを描きたいなら3pxと、1px分多く指定する必要があります。

リストを横一列に並べた後に、右寄せ

text-align:right;が効かず左よせになる。

答え 次のように変更する。

<div style="text-align:right;">
<ul>
<li style="float:left;">リスト</li>
<li style="float:left;">リスト</li>
<li style="float:left;">リスト</li>
</ul>
</div>

  ↓↓↓

<ul style="float:right;">
<li style="float:left;">リスト1</li>
<li style="float:left;">リスト2</li>
<li style="float:left;">リスト4</li>
</ul>