mysql


さくらVPSで外部ホストからmysqlに接続する

さくらVPSで外部ホストからmysqlに接続するには、接続を許可するユーザーを作ればいい。

参考サイト
MySQLに外部ホストから接続できるように設定する

接続を許可するユーザーを作るSQL
-------------------------------------------------
grant all privileges on 接続を許可するDB名.* to new_user_name@"接続元のホスト" identified by 'password' with grant option;
-------------------------------------------------

grant → 付与。許諾する。mysqlで権限を付与する命令。

all privileges → 全ての権限を与える。

privileges → プリビレッジ。権限の意。

sourceを使ってsqlファイルをインポートする

sourceを使ってsqlファイルをインポートするスクリプト

-------------------------------------------------
use データベース名;
source /var/www/html/file.sql;
-------------------------------------------------

【PHP】mysqlでselectしたデータの出力時に使う変数名に変数を使う

$get_datas['カラム名'];

↓↓↓

$get_datas[$culumn_name];

変数名をそのまま記述すればOK。可変変数は不要。

KAGOYAのデータベースプランにターミナルでアクセス

KAGOYA のデータベースプラン(SSD 共有)の DB サーバーにアクセスする方法、覚書。

1.kagoya のサーバーコントロールにログインして、データベースをつくる。そのデータベースのアクセス許可にアクセス元の IPアドレス を登録する。自分の場合はさくら共有サーバーのIPアドレス。

2.ターミナルからさくらサーバーにアクセス。さくらサーバーからさくらの DB にアクセスするように kagoya の DB にアクセスする。

コマンド(さくらサーバーにログイン後)
----------------------------------------------------
% mysql -h mysql*****.kagoya.net -u ユーザーID -p --default-character-set=utf8
----------------------------------------------------

以後、さくらの DB を使っているのと同じように kagoya の DB を使用できる。

【mysql】さくらでRow size too large エラーの対処法

mysqlでupdateをしてデータを増やそうとしたらエラーが出た

エラー内容
---------------------------------------------------------------
Row size too large (> 8126). Changing some columns to TEXT or BLOB or using ROW_FORMAT=DYNAMIC or ROW_FORMAT=COMPRESSED may help. In current row format, BLOB prefix of 768 bytes is stored inline.
---------------------------------------------------------------

これは「InnoDBの最大行長(最大行サイズ)は約8000バイト」なので発生したエラー。
最大行サイズとは、一行ごとに格納できるデータの最大容量。

VARCHAR(255)やTEXTは最大で800バイト弱を使用するので、そういったカラムが11より多い発生する可能性が出てくる。

InnoDBの最大行長8000バイトの壁は、innodb_file_format を Antelope から別のものに変更すればいいらしいが、my.cnf の設定をいじる必要がある。しかし、さくらの共用サーバープランではいじれないので諦める。

不要なカラムを削除して対応した。

さくらのmysqlで大きなファイルをインポートしたら後半のデータが文字化けした

サクラインターネットのレンタルサーバーをプラン変更したとき、古いデータベースサーバーから新しいデータベースサーバーにデータを移行する必要があった。古いデータを mysqladmin から sql ファイルとしてエクスポートして、新しいデータベースサーバーへはターミナルで接続して source コマンドでエクスポートした。

すると、いくつかあるテーブルの内、後半のテーブル内のデータが文字化けする現象に遭遇した。インポート中のターミナル画面を見ていると気になるエラー?を発見。

--------------------------------------------
Query OK, 870 rows affected (0.02 sec)
Records: 870 Duplicates: 0 Warnings: 0

ERROR 2006 (HY000): MySQL server has gone away
No connection. Trying to reconnect...

Query OK, 850 rows affected (0.02 sec)
Records: 850 Duplicates: 0 Warnings: 0
--------------------------------------------

いったんデータベースサーバーへの接続が切断されて、その後再接続が行われている。そして、その再接続後から文字化けが起こっている?

このエラーは、インポートするデータが大きすぎると起こるらしい。

自分でいじれるサーバーであれば、max_allowed_packet の値を上げることで解決できるようだが(参考)、さくらの自分のプランでは、my.cnf をいじることができないため通用せず。

mysql の文字コードを確認してみる。

//コマンド
-------------------------------
mysql> show variables like "chara%";
-------------------------------

+--------------------------+----------------------------------+
| Variable_name | Value |
+--------------------------+----------------------------------+
| character_set_client | ujis |
| character_set_connection | ujis |
| character_set_database | ujis |
| character_set_filesystem | binary |
| character_set_results | ujis |
| character_set_server | ujis |
| character_set_system | utf8 |
| character_sets_dir | /usr/local/share/mysql/charsets/ |
+--------------------------+----------------------------------+

utf8 のデータだが、設定されている文字コードは ujis が多い。文字コードを変更する最も一般的な方法は my.cnf を書き換えることだが自分のプランではできない。ターミナルで mysqlサーバーへログインするときに 文字コードを指定してみる。

//ターミナルで文字コードを設定
-------------------------------
mysql -u ユーザー名 -p -h ホスト名 --default-character-set=utf8
-------------------------------

//設定後
+--------------------------+----------------------------------+
| Variable_name | Value |
+--------------------------+----------------------------------+
| character_set_client | utf8 |
| character_set_connection | utf8 |
| character_set_database | ujis |
| character_set_filesystem | binary |
| character_set_results | utf8 |
| character_set_server | ujis |
| character_set_system | utf8 |
| character_sets_dir | /usr/local/share/mysql/charsets/ |
+--------------------------+----------------------------------+

character_set_database は use でデータベースを選択すると、データベースの文字コードになる。

//最終的にこうなった
+--------------------------+----------------------------------+
| Variable_name | Value |
+--------------------------+----------------------------------+
| character_set_client | utf8 |
| character_set_connection | utf8 |
| character_set_database | ujis |
| character_set_filesystem | binary |
| character_set_results | utf8 |
| character_set_server | ujis |
| character_set_system | utf8 |
| character_sets_dir | /usr/local/share/mysql/charsets/ |
+--------------------------+----------------------------------+

この状態で sql ファイルを source で実行したら文字化けは起こらなかった。

DreamHostでmysqlの文字化け対策

DreamHost にてデータベースの情報を mysql で取り出すと日本語が????と文字化けする。

文字化け対策としてデータベース接続時に文字コードを指定する。

----------------------------------------------------
$link = mysql_connect($hostname,$username,$password);

mysql_select_db($database) or die("Unable to select database");

mysql_query('SET NAMES utf8', $link); ←これを追記
//mysql_set_charset('utf8'); ←もしくはこれ
----------------------------------------------------

SET NAMES には脆弱性あるので mysql_set_charset を使うのがいいよう。

もしくは my.conf で文字コードを指定する。

【PHP】DreamHostでmysqlの接続

DreamHostでPHPを使ってmysqlデータベースへ接続する方法のメモ。

//mysqlの接続
///////////////////////////////////////////////
$hostname = ""; // mysql.example.com (「mysql.」 + 「独自ドメイン」)
$username = ""; // データベースを設定したときに決めたユーザ名
$password = ""; // データベースを設定したときに決めたパスワード
$database = ""; // 接続するデータベース名

$link = mysql_connect($hostname,$username,$password);
mysql_select_db($database) or die("Unable to select database");
mysql_query('SET NAMES utf8', $link); //←文字化け対策
//mysql_set_charset('utf8'); //←もしくはこれ
///////////////////////////////////////////////

//出力の例
///////////////////////////////////////////////
$sql = "SELECT * FROM table_name";

$result = mysql_query($sql,$link) or die("Unable to select: ".mysql_error());

while($datas = mysql_fetch_assoc($result)) {

echo $datas['column_name'] . "
";

}
///////////////////////////////////////////////

//mysqlの切断
///////////////////////////////////////////////
mysql_close($link);
///////////////////////////////////////////////

DreamHostのmysqlのdatabaseへのアクセスの仕方

ブラウザからアクセスしてphpmyadminへ
--------------------------------------

http://mysql.独自ドメイン/

(http://mysql.example.com/)
--------------------------------------

またはターミナルでサーバーにアクセスしてコマンドライン
--------------------------------------
$ mysql -u データベースユーザー名 -p -h データベースホスト名
--------------------------------------

【mysql】カンマ区切りの文字列から上手にデータを抽出する【FIND_IN_SET】

カンマ区切りの文字列から上手にデータを抽出には「FIND_IN_SET」を使う。

たとえばあるカラムにカンマ区切りのデータが入っていたとする。

---------------------------------
はくさい,しいたけ,にんじん
---------------------------------

この場合こう書く。

SELECT * FROM table WHERE FIND_IN_SET('しいたけ', カラム名);

FIND_IN_SET は、結合条件(ON 句のうしろ)にも使える。

1 / 512345