【Objective-C】labelでHello World!と表示する

labelでHello World!と表示するテスト

ソース
-------------------------------------------------
//UILabelオブジェクトの生成
UILabel *label = [[UILabel alloc] init];
//UILabelはラベルを管理するクラス。画面に文字を表示させる時に使用。
//[[クラス名 alloc] init] → init メソッド(イニシャライザ)でオブジェクトを初期化。
//alloc → インスタンスの生成に必要なメモリ容量を確保する。allocation(アロケーション)は「割り当て」の意。

//textプロパティで文字を設定
label.text = @"Hello World!";

//UILabelで高さを動的に変える。テキストを設定した後に行う。
[label sizeToFit];

label.center = self.view.center;
[self.view addSubview:label];
-------------------------------------------------

【Objective-C】FMDBでテーブル内の情報を出力する

FMDBでテーブル内の情報を出力するソースコード

前提として

  1. FMDBが導入されている(導入方法はこちら)。
  2. test.dbというファイルが iOS Simulator の Documents ディレクトリにある(iOS Simulatorののパスについてはこちら)。このディレクトリに直接データファイルを置くと、シミュレーターのバージョンごとにデータファイルを置く必要があるので面倒。解決策として、Supporting Files 内にデータファイルを置いておいて、アプリ起動時に Supporting Files 内にデータがない場合に Documents ディレクトリにコピーする方法がある。詳しくは、こちら
  3. title というカラムにデータが既に入っている

ソースコード
----------------------------------------------------------------
//インポート(ヘッダーファイル)
#import "FMDatabase.h"
----------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------
- (void)viewDidLoad {

[super viewDidLoad];

// Do any additional setup after loading the view, typically from a nib.

// パスとDBファイル名を指定

NSArray *paths = NSSearchPathForDirectoriesInDomains( NSDocumentDirectory, NSUserDomainMask, YES);

NSString *dir = [paths objectAtIndex:0];

//test.db はファイル名
NSString *db_path = [dir stringByAppendingPathComponent:@"test.db"];

FMDatabase *db = [FMDatabase databaseWithPath:db_path];

//データを抽出

[db open];

//testdb はテーブル名
FMResultSet *rs = [db executeQuery:@"select id,title from testdb"];

while ([rs next]){

// 出力

NSString *text1 = [rs stringForColumn:@"title"];

//UIlabelクラスのインスタンスを生成。
//alloc でインスタンスの生成(allocationはメモリの割り当ての意)。init で初期化。
UILabel *label = [[UILabel alloc] init];

//labelオブジェクトにテキストを設定
label.text = text1;

//コンテンツの大きさの合わせてUIViewの大きさを変える。UIViewはUIlabelの親クラス。
[label sizeToFit];

//行数の指定。0は、表示可能な最大行数。(インスペクターでの設定も可だがソースが優先される)
label.numberOfLines = 0;

label.center = self.view.center;

[self.view addSubview:label];

// 出力 ここまで

}

[rs close];

}
----------------------------------------------------------------

結果をラベルに表示せずに、配列に入れる場合はスクリプト後半を以下のように変更する

----------------------------------------------------------------
//データを抽出

[db open];

FMResultSet *rs = [db executeQuery:@"select id,title from testdb"];

while ([rs next]){

// 出力

NSString *text1 = [rs stringForColumn:@"title"];

//配列を追加。配列の型は必ず NSMutableArray であること。NSMutableArray は不可。
[testArray addObject:text1];

//UIlabelクラスのインスタンスを生成。
//alloc でインスタンスの生成(allocationはメモリの割り当ての意)。init で初期化。
// UILabel *label = [[UILabel alloc] init];

//labelオブジェクトにテキストを設定
//label.text = text1;

//コンテンツの大きさの合わせてUIViewの大きさを変える。UIViewはUIlabelの親クラス。
//[label sizeToFit];

//label.center = self.view.center;

//[self.view addSubview:label];

// 出力 ここまで

}

[rs close];
----------------------------------------------------------------

【xcode】FMDBでThe FMDatabase is not openエラーが出る

Objective-C で記述したソースを run するとコンソールにエラーが出た

エラー内容
--------------------------------------------------------
2015-xx-xx 19:xx:xx.xxx FMDBTest[xxxx:xxxxxx] The FMDatabase <FMDatabase: xxxxxxxxxxxxxx> is not open.
--------------------------------------------------------

原因と解決策

原因:下記の記述が反対だった
--------------------------------------------------------
FMResultSet *rs = [db executeQuery:@"select id,title from testdb"];
[db open];
--------------------------------------------------------

解決策:記述の順番を入れ替えた
--------------------------------------------------------
[db open];
FMResultSet *rs = [db executeQuery:@"select id,title from testdb"];
--------------------------------------------------------

【Xcode6】iOS SimulatorのDocumentsまでのパス

iOS SimulatorのDocumentsまでのパスはこれ
------------------------------------
~/Library/Developer/CoreSimulator/Devices/{simulated device UUID}/data/Containers/Data/Application/{application UUID}/Documents/
「~」はホームディレクトリのこと。「Macintosh HD」 の下の「ユーザ」の下の「ユーザ名」のディレクトリ。
------------------------------------

simulated device UUID は、Xcode の「Window」-「Devices」から起動した Simulator を選択すれば分かる。「identifier」の項目。

でも分かりにくいので、「SimPholders2」というアプリを使うといい。

ダウンロードはこちら

参考ページ:

http://qiita.com/singo405/items/b84f81ee2daaef27d0a2

【xcode】FMDB導入方法

FMDB は SQLite を iOS の Objective-C で扱いやすくするための Wrapper ライブラリ。GitHub で公開されている。

1.あらかじめ「libsqlite3.0.dylib」を追加しておく

SQLiteを使用するために「Targets」->「Build Phases」->「Link Binary With Libraries」から「libsqlite3.0.dylib」を追加しておく。

詳細はこちら

2.FMDBをアプリに組み込む

プログラムをこちらからダウンロード。

ダウンロードしたディレクトリ内のfmdb-master/src/ 配下にある fmdb というディレクトリを、ディレクトリXcodeのプロジェクトフォルダ内(プロジェクト名のフォルダ直下、MasterViewController.h などがあるところ)に xcode の project navigator エリアに直接ドラッグして置く。ただし、「fmdb.m」という名前のファイルだけ外しておく(main 関数が実装されていて、ビルド時にコンパイルエラーが出る)。

fmdb ディレクトリをプロジェクト内に置くときはナビゲーターエリアに直接ドラッグする

詳細はこちら

「Choose options for adding these files」のダイアログが出るので「Destination Copy items ~」にチェックを入れることでアプリに組み込める。

3.インポート

ソースコード
----------------------------------------------------------------
#import "FMDatabase.h"
----------------------------------------------------------------
ヘッダーファイル(.h)でも実装ファイル(.m)でもどちらでもいい。

ビルドしてエラーが出なければOK。

【UWSC】八桁の乱数を50個メモ帳に出力する

乱数が必要なったので覚書

-------------------------------
// ファイルを開く
fid = FOPEN("ransuu.txt", F_WRITE)
// 1行出力

for i = 1 TO 50

r = RANDOM(89999999) + 10000000
FPUT(fid, r)
// 1行出力
next
// ファイルを閉じる
FCLOSE(fid)
-------------------------------

//作ったファイルを開く
exec("notepad ransuu.txt")