【Xcode6】iOS SimulatorのDocumentsまでのパス

iOS SimulatorのDocumentsまでのパスはこれ
------------------------------------
~/Library/Developer/CoreSimulator/Devices/{simulated device UUID}/data/Containers/Data/Application/{application UUID}/Documents/
「~」はホームディレクトリのこと。「Macintosh HD」 の下の「ユーザ」の下の「ユーザ名」のディレクトリ。
------------------------------------

simulated device UUID は、Xcode の「Window」-「Devices」から起動した Simulator を選択すれば分かる。「identifier」の項目。

でも分かりにくいので、「SimPholders2」というアプリを使うといい。

ダウンロードはこちら

参考ページ:

http://qiita.com/singo405/items/b84f81ee2daaef27d0a2