windows7でのOLE/COM Object viewのインストール方法

OLE/COM Object viewは、システムに現在インストールされている全てのオブジェクトを調べることができるツール。

2015/03現在ダウンロード場所
-----------------------------------------------------------------

http://jp.downv.com/install-OLE-COM%83I%83u%83W%83F%83N%83g%83r%83%85%81%5B%83A-10555289.htm

http://download.cnet.com/Windows-2000-Resource-Kit-Tool-OLE-COM-Object-Viewer-oleview-exe/3000-10250_4-10732958.html

-----------------------------------------------------------------

自分のwindowsでは C:\Program Files (x86)\Resource Kit にインストールされた。

oleview.exeを実行すると、システムによっては「iviewers.dllというファイルがない」というメッセージが出る。

dllのダウンロード場所
-----------------------------------------------------------------

http://download.microsoft.com/download/2/f/1/2f15a59b-6cd7-467b-8ff2-f162c3932235/ovi386.exe

古いバージョンのoleview.exeから取得することができる。デフォルトではファイルはC:\MSTOOLS\BINディレクトリにインストールされる。

https://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=8279

Windows SDKをインストールしてもOK。

https://msdn.microsoft.com/ja-jp/windows/desktop/bg162891.aspx

Widnows8.1用だが7もOK。
-----------------------------------------------------------------

必要なのはiviewer.dllだけ。oleview.exeと同じディレクトリにコピーした後、下記のコマンドラインを実行して、dllを登録する。(コマンドラインを管理者権限で開くには、Ctrl + Shiftを押しながら起動)

--------------------------------------------------------
Regsvr32 "(iviewers.dllのパス)"
例:例: Regsvr32 "C:\Program Files (x86)\Resource Kit\iviewers.dll"
--------------------------------------------------------

参考サイト

http://open-shelf.appspot.com/AutoIt3.3.6.1j/html/intro/ComRef.htm

http://qiita.com/zakuroishikuro/items/d9530f6feb5467fc318b