さくらインターネット


さくら、poderosaでmysqlのデータ表示すると文字化けする

さくらのmysqlサーバーの文字コードはEUC-JP。

poderosaの文字コードもEUC-JPに合わせれば、きちんと見れる。

さくら共用サーバーにmecabをインストールする

さくら共用サーバーで php-mecab を使うだけならサービスに元々含まれている mecab を利用できる。自前の mecab は不要なのでこのエントリーの作業は不要。自前で mecab はインストールすべき。デフォルトの mecab は php のバージョンアップなどでフォルダが変わることがある。php-mecab は mecab のフォルダを指定してるので不具合が起こる。

さくら共用サーバーにmecabをインストールに至った経緯↓↓

=========================================
さくら共用サーバーには最初からmecabが入っている。但し辞書はEUC-JPなのでUTF-8で利用するには自前で辞書を用意しなくてはならない。で、辞書のみをインストールしたがどうもうまくいかない。UTF-8でインストールしても文字化け、EUC-JPで文字を扱ってしまう。
いろいろ調べると、当方サーバーにインストールされているmecabのバージョンは、「0.995」で、このバージョンはUTF-8の辞書をうまく使えないバグがあるらしい。
ということで別バージョンのmecabを共用サーバーにインストールした。
=========================================
↑こう書いたもののいざやってみると、v0.97でも辞書のutf-8化ができない場面に遭遇。mecab本体のインストールは問題なし。mecabのバージョンと辞書の文字コードは関係ないのかもと思い始める。ただutf-8の文字コードで動かすことはできた。詳しくは下記のリンク。

utf-8の辞書、インストール方法はこちら

インストールするmecabのバージョン
-----------------------------------------
mecab 0.97 ←別サーバーでバグがないことを確認済み
-----------------------------------------

インストール先(localは自分で作る)
-----------------------------------------
/home/username/local/
-----------------------------------------

1.ダウンロードしたファイルを解凍
-----------------------------------------
tar xzvf mecab-0.97.tar.gz
-----------------------------------------

2.「configure」実行
-----------------------------------------
cd mecab-0.97 ←フォルダ移動

./configure --prefix=$HOME/local --with-charset=utf8 --enable-utf8-only
-----------------------------------------
※「configure」というシェルスクリプトを実行することで、ソースファイルをコンパイルする前に、インストール対象となるシステム特有の機能/情報をチェックし、チェック状況を記述したMakefileが作成される。

3.コンパイルとインストール
-----------------------------------------
make ← コンパイル

make install ← インストール
-----------------------------------------

すると、インストール時にエラーが出る。

エラー内容
-----------------------------------------
%make install
.././install-sh: Permission denied
*** Error code 126
-----------------------------------------

mecab-0.97フォルダ内のinstall-shファイルにアクセス権限がないとのことで、確認してみる
-----------------------------------------
ls -l install-sh
-----------------------------------------
こう表示された
-----------------------------------------
-rw-r--r-- 1 username users 5569 Jan 29 2007 install-sh
-----------------------------------------

アクセス権限を変更(「install-sh」は「install -sh」でないよ。ハマッた)
-----------------------------------------
chmod 755 install-sh
-----------------------------------------

再びインストールを試みる
-----------------------------------------
make install
-----------------------------------------
(make cleanで不要はファイルは消せる)

インストール成功。

接続し直してバージョンを確認。binフォルダはインストールが成功するとできる。
-----------------------------------------
~/local/bin/mecab -v
-----------------------------------------
~(チルダ)は、ユーザのホームディレクトリ(home/username)のこと。$HOMEも同じ。

4.簡単に使えるようにパスを通す

現在のPATHを確認してみる
-----------------------------------------
echo $PATH
-----------------------------------------

結果
-----------------------------------------
/sbin:/bin:/usr/sbin:/usr/bin:/usr/local/sbin:/usr/local/bin:/home/username/bin
-----------------------------------------
:」は区切り。

パスを書き換えるため、exportを実行するがエラーが出る

コマンド
-----------------------------------------
export PATH=~/local/bin:$PATH
-----------------------------------------

結果
-----------------------------------------
export: Command not found.
-----------------------------------------

ファイルを直接書き換えることにする。
利用しているシェルを確認してみる

コマンド
-----------------------------------------
echo $SHELL
-----------------------------------------

結果
-----------------------------------------
/bin/csh
-----------------------------------------

この場合、ホームディレクトリ直下にある.cshrcファイルを編集することになる。
パスは左から優先されるので、自前のmecabが選択されるよう、一番左にパスを追加する。

編集内容
-----------------------------------------
#set path = (/sbin /bin /usr/sbin /usr/bin /usr/local/sbin /usr/local/bin $HOME/bin) ←コメントアウト
set path = ($HOME/local/bin /sbin /bin /usr/sbin /usr/bin /usr/local/sbin /usr/local/bin $HOME/bin) ←追加行
-----------------------------------------

(エックスサーバーは bash なので .bashrc に↓追記)
-----------------------------------------
export PATH=$HOME/local/bin:$PATH
-----------------------------------------

PATHが通ったことを確認
-----------------------------------------
echo $PATH
-----------------------------------------

mecabのバージョンを確認
-----------------------------------------
mecab -v
-----------------------------------------

なお辞書をインストールしていないとエラーが出る
-----------------------------------------
param.cpp(69) [ifs] no such file or directory: /home/username/local/lib/mecab/dic/ipadic/dicrc
-----------------------------------------

辞書のインストールはこちら

【mysql】改行を含むCSVファイルをインポートする方法

改行を含むCSVファイルのインポート方法。

CSVファイルの記述ルールは次の通り。

CSVのルール(一部)
------------------------------
LOAD DATA INFILEがデフォルトで対応している書式は、フィールド区切りがタブ、行末が改行。
値は基本、ダブルクォートで囲む。但し、「ダブルクォート(")」「カンマ(,)」「改行()」などの制御文字を含まない場合は「"」で囲まなくても可。
よって、値に改行を含む場合は、必ず「"」で囲む。

「"」のエスケープは「""」(連続したダブルクォート)。場合により「\"」のエスケープも可。
囲み文字と区切り文字の間には何も入れない。
×"値1", "値2" → ○"値1","値2" (×の例はカンマの左に半角スペースが入っている)
------------------------------
追加ルール1 → ファイルの一番最後に改行は入れない。改行を入れるとフィールドの区切り文字がデータと一緒に入ってしまう現象を確認。

つまり値を「"」で囲めば問題なく動作する。

実際のコマンド
---------------------------------------------
load data local infile "/home/username/www/text.csv" into table テーブル名 fields terminated by ',' enclosed by '"'
---------------------------------------------

「enclosed by」を指定して「"」が囲み文字であることを伝える。もちろんCSVファイルの値自体も「"」で囲むこと。

(※CSVファイルをZIPで圧縮のままload data local infileを実行すると、改行も区切りと認識してうまくいかないかも?実行するときは必ずCSVファイルの状態で。)

※ちなみにxamppをインストールしたwindowsのmysqlで実行する場合は「local」は不要。
CSVファイルのパスは、「¥」でなく「/」を使う
--------------------------------------------------------
load data infile 'C:/xampp/php/test.csv' into table テーブル名 fields terminated by '$' enclosed by '%'
--------------------------------------------------------

The used command is not allowed with this MySQL version」とエラーが出る場合は、「--enable-local-infile」をつけてmysqlサーバーに接続しなおすこと。詳しくはこちら

さくら共有サーバーでCSVファイルをインポートする方法

さくら共有サーバーでCSVファイルをインポートした際の覚書。
ファイルのインポートは「load data」を使う。

用意したCSVファイル、test.csv
---------------------------------
3,テストです
---------------------------------
インポート先のテーブルもフィールドは2つ。

1.SSHでサーバーにログインする

2.データベースサーバーにログインする

ログインした際のコマンド
---------------------------------
mysql -u ユーザー名 -h mysqlxxx.db.sakura.ne.jp -p --enable-local-infile
---------------------------------
大事なのは行末の「--enable-local-infile」でLOAD DATA LOCAL INFILE 文を使えるようにしておくこと。無いと「load data local」したとき、
「The used command is not allowed with this MySQL version」とエラーが出る

3.「load data」を実行してインポート

----------------------------------------
use データベース名 ←データベースを選択。「ユーザー名_データベース名」となっているのを忘れないこと。

load data local infile "/home/username/www/test.csv" into table テーブル名 fields terminated by ',';
----------------------------------------
「LOCAL」をつけることで、FILE権限なしで、ローカルファイルの読み込みが可能になる。「fields terminated by」はフィールド区切り文字の指定。ちなみに囲み文字の指定は「OPTIONALLY ENCLOSED BY」で行う。
行の終わりは「lines terminated by '\n'」で明示できる。

さくら共有サーバー、php_mecabのインストール方法

さくら共有サーバー、php_mecabのインストール方法

前提として、mecab の辞書にアクセスする必要があるので辞書をローカルフォルダ以下にインストールしておく必要があ(さくらに最初から入っている辞書を使うこともできるが、htmlファイルが UTF-8 の場合、デフォルトの辞書が EUC なので文字化けしてしまう)。
さくら共有サーバー、UTF-8の辞書でmecabを使う方法 ←この作業を済ませておく

1.ファイルを解凍してビルド
///////////////////////////////////////////////////
tar xvfz php-mecab-0.5.0.tgz ←解凍

cd php-mecab-0.5.0 ←ディレクトリ移動

phpize ←拡張モジュールをビルド(ソースファイルから実行可能なファイルを作成。configureファイルができる)
※-ize(アイズ)・・・~化する。~で扱う。

※エックスサーバーでは phpize は使えないので php_mecab はインストールできない。yum や rpm コマンドが使えないので phpize の追加もできない。どうしても phpize が使えない環境で PHP + mecab を実行したいなら PHP の EXEC 関数でコマンドラインを操作してすることならできそう?
///////////////////////////////////////////////////

2.「configure」を実行
///////////////////////////////////////////////////
./configure --with-mecab=/usr/local/bin/mecab-config --with-php-config=/usr/local/php/5.3.27/bin/php-config
///////////////////////////////////////////////////
php-configのバージョンは必ずあわせる。現在使用しているphpのバージョンをphpinfoで確認。今回は「5.3.27」。指定しなくてデフォルトのバージョンが呼び出されるとうまくいかない。phpのバージョンはターミナルから「php -v」でも調べられるが出てきたバージョンのフォルダ名がない場合がある(php -v で「5.45」と出たが存在するフォルダは「5.4」だった)。使用しているphp のバージョンはサーバーコントロールにログインして調べるといい。
mecab-configの場所は「which mecab-config」で特定できる。自前の mecab をインストールしている場合はそちらのパスを指定する。

3.コンパイルとインストール
///////////////////////////////////////////////////
make ←コンパイル
make install ← インストール
///////////////////////////////////////////////////

インストールするとエラーメッセージが出た
----------------------------------------------------------------------
Installing shared extensions: /usr/local/php/5.3.27/lib/php/extensions/no-debug-non-zts-20090626/
cp: /usr/local/php/5.3.27/lib/php/extensions/no-debug-non-zts-20090626/#INST@99219#: Permission denied
----------------------------------------------------------------------
権限のないところにインストールを試みているよう。
ローカルフォルダにインストールするように、Makefileをいじる。(make実行後に作成されるファイル)

Makefileの変更箇所
----------------------------------------------------------------------
#EXTENSION_DIR = /usr/local/php-5.x.x/lib/php/extensions/no-debug-non-zts-20060613 ←コメントアウト
EXTENSION_DIR = $(HOME)/local/lib/php/extensions/no-debug-non-zts-20060613 ←追記
※「20060613」とかフォルダ名は合わせるといい。
----------------------------------------------------------------------

再びmake installすると無事にインストールが完了するはず。

4.続いて、PHPの起動時に読み込まれる拡張モジュールを設置するディレクトリの設定

PHP.iniに拡張モジュールの置き場を記述する

PHP.iniに記述(追記)する内容
----------------------------------------------------------------------
extension_dir="/home/username/local/php-mecab-0.5.0/modules"
extension=mecab.so
----------------------------------------------------------------------
※拡張子 so は shared object の略。UNIX系OSの共有ライブラリのファイル形式。

最初、こう書いたら動かなかくてハマった。
----------------------------------------------------------------------
extension_dir="/home/username/local/lib/php/extensions"
extension=mecab.so
----------------------------------------------------------------------

作業時に出力されたメッセージを見てとりあえず動くところまで持ってこれた。
----------------------------------------------------------------------
Libraries have been installed in:
/home/sunsdoor/local/php-mecab-0.5.0/modules

If you ever happen to want to link against installed libraries
in a given directory, LIBDIR, you must either use libtool, and
specify the full pathname of the library, or use the `-LLIBDIR'
flag during linking and do at least one of the following:
- add LIBDIR to the `LD_LIBRARY_PATH' environment variable
during execution
- add LIBDIR to the `LD_RUN_PATH' environment variable
during linking
- use the `-Wl,--rpath -Wl,LIBDIR' linker flag

See any operating system documentation about shared libraries for
more information, such as the ld(1) and ld.so(8) manual pages.
----------------------------------------------------------------------

UTF-8の辞書を使いたいのでphp.iniに追記
----------------------------------------------------------------------
mecab.default_dicdir=/path/ ←辞書
mecab.default_userdic=/path/ ←ユーザ辞書
----------------------------------------------------------------------
※UTF-8 の辞書を使う場合は phpファイルの保存形式やメタタグ(headタグ内)の文字コードも UTF-8 に揃える必要がある。

自分の環境だといずれか(dicrcとかsys.dicがあるフォルダ)
----------------------------------------------------------------------
mecab.default_dicdir="/home/username/local/mecab-dic/ipadic-utf8"
mecab.default_dicdir="/home/username/local/lib/mecab/dic/ipadic"
----------------------------------------------------------------------

うまくいっていたらphpinfoにmecabの項目が表示されている。

さくら共有サーバー、UTF-8の辞書でmecabを使う方法

(mecab本体のインストールはこちら。ただしさくら共用にはあらかじめ mecab がインストールされているので不要。php-mecab を使用する場合も不要。)
さくら共用サーバーにmecabをインストールする

さくらインターネットにはmecabが最初からインストールされている。
しかし辞書の文字コードがEUC-JPなので自分の環境では文字化けしてしまう。

これを解決するためには、UTF-8の辞書をインストールする。以下、その方法。

まず、インストール先を決める。さくら共有サーバーでインストール権限があるのは、ホームディレクトリ以下。
自分でコンパイルしたアプリケーションをインストールする場所は、ホームディレクトリ以下のlocalフォルダが一般的のよう。

0.インストールするディレクトリを作成しておく
------------------------------------------------
/home/username/local/mecab-dic/ipadic-utf8 ←localディレクトリはないので新規作成
------------------------------------------------

1.辞書のダウンロードと解凍を行う
------------------------------------------------
(ポデローサで打ったコマンド)
cd local ←ローカルディレクトリに移動(ダウンロード先)

wget http://sourceforge.net/projects/mecab/files/mecab-ipadic/2.7.0-20070801/mecab-ipadic-2.7.0-20070801.tar.gz ← 辞書をダウンロード

tar xvzf mecab-ipadic-2.7.0-20070801.tar.gz ←解凍
------------------------------------------------

2.「configure」の実行

2-1
------------------------------------------------
cd mecab-ipadic-2.7.0-20070801 ←configureファイルのあるディレクトリに移動
------------------------------------------------

2-2
------------------------------------------------
自前のmecabがある場合
./configure --with-charset=utf8
※「/home/username/local/lib/mecab/dic/」以下に ipadic フォルダがインストール先される

インストール先としてipadic-utf8というフォルダが作ってある場合
./configure --with-charset=utf8 --with-dicdir=~/local/mecab-dic/ipadic-utf8 ←実行。
------------------------------------------------
※インストール先を、今後辞書を追加する可能性も考慮し「~/local/mecab-dic/ipadic-utf8」にする場合、フォルダはあらかじめ作っておく必要がある。
ホームディレクトリ以下に自前のmecabをインストールしている場合「--with-dicdir=~/local/mecab-dic/ipadic-utf8」を書くとmake install時にエラーになった。その場合は、インストールは指定しないことでやり過ごせる。

※「configure」というシェルスクリプトを実行することでMakefileが作成される。Makefileは、ソースファイルをコンパイルする前にインストール対象となるシステム特有の機能/情報をチェックし、チェック状況を記述したファイル。

以下の2ファイルは元々ある
------------------------------------------------
Makefile.in
Makefile.am
------------------------------------------------

configureを実行すると3つファイル増える
------------------------------------------------
config.log
config.status
Makefile
------------------------------------------------

3.インストールの実行
------------------------------------------------
make ←「configure」の実施で作られた「Makefile」を元にコンパイルを実行
make install ← インストールを実行
------------------------------------------------

4.動作テスト
------------------------------------------------
mecab -d ~/local/mecab-dic/ipadic-utf8 ←辞書を指定
これはテストです
------------------------------------------------

結果
------------------------------------------------
これ 名詞,代名詞,一般,*,*,*,これ,コレ,コレ
は 助詞,係助詞,*,*,*,*,は,ハ,ワ
テスト 名詞,サ変接続,*,*,*,*,テスト,テスト,テスト
です 助動詞,*,*,*,特殊・デス,基本形,です,デス,デス
------------------------------------------------

↓ターミナル経由でmecabを実行して解析結果が空欄だった場合、ターミナルの文字コードが違う可能性が考えられる。
自分の場合、辞書をUTF-8にしてもターミナルの文字列はEUC-JPに設定する必要があった。
------------------------------------------------
これはテストです
これは ̾,,*,*,*,*,*
テスト ̾,,*,*,*,*,*
です ̾,,*,*,*,*,*
------------------------------------------------

mecab -d ~/local/mecab-dic/ipadic-utf8 -D
これで辞書情報が確認できる。charsetがutf8であればOK

問題なく動くことを確認する。

mecabを終了するときは、「Ctrl + D」

本来ここまでの作業でUTF-8化した辞書がインストールできているはず。が、別アカウントのサクラサーバーで同じように辞書をインストールするとうまくいかない。手順どおり辞書のインストールを行うと滞りなく進むのだが、いざmecabで形態素解析を行うと、UTF-8を認識しない。EUC-JPで辞書がインストールされているようだ。
いろいろ調べたが根本的理由はわからず。バグかな?
下記の方法を行えばとりあえずUFT-8でmecabを動かせるようになります。

辞書インストール時、辞書のフォルダを解凍した後(configure実行の前)に2つのことを行う。

1.辞書フォルダ内の「csv」と「def」の拡張子のファイルをUTF-8に変換して上書きする。

テキストファイルで保存しなおしてもいいし、コマンドラインなら次のように打つ(cshellの場合)。

//まず、今の文字コードを確認
------------------------------------------------
cd mecab-ipadic-2.7.0-20070801 ← 辞書フォルダ内に移動

nkf -g Noun.csv ← とりあえずひとつのファイルの文字コードを確認してみる。gオプションは文字コードを出力。この時点ではEUC-JPが返るはず。
------------------------------------------------

//「csv」のファイルをUTF-8に変更
------------------------------------------------
foreach f ( *csv ) ← フォルダ内のcsvファイルに対して繰り返す(fは何の文字でもいい)

nkf -w --overwrite $f ← UTF-8に変更して上書き

end ← 「foreach?」と出てるはずなので終える
------------------------------------------------

//UTFになっていることを確認
------------------
foreach f ( *csv )
nkf -g $f
end
------------------

//「def」も同じようにUTF-8に変更する
------------------------------------------------
foreach f ( *def )

nkf -w --overwrite $f ← UTF-8に変更して上書き

end ← 「foreach?」と出てるはずなので終える
------------------------------------------------

2.dicrcファイルを書き換える

dicrcファイルは辞書フォルダ内にある
------------------------------------------------
config-charset = EUC-JP ← 書き換え前

 ↓↓↓

config-charset = UTF-8 ← 書き換え後
------------------------------------------------

この後は、configure → make → make install の順でインストールを済ませばいい。

FFFTPで消せないファイルやフォルダの消し方

まずは次のページに書かれていることをやってみる

http://www.hereticanthem.co.jp/old/215

それでも消せない場合↓↓↓

ポデローサなどでサーバーにログインして、以下のコマンドで削除する

------------------------------------------------
rm -rf 消せないファイルやフォルダ名
------------------------------------------------

オプションの意味
------------------------------------------------
-f, --force
存在しないファイルは無視し、確認をとらない。強制的に削除する

-i, --interactive
削除する前に確認を取る

-r, --recursive
ディレクトリの中身を再帰的に削除する
------------------------------------------------

さくらのphp.ini設定場所は2箇所(独自ドメインのphp.iniについて)

さくらインターネットのphp.iniファイルの設定場所は2箇所ある

ひとつはサーバーコントロールパネルへログインして「PHP設定の編集」で変更。

しかし独自ドメインを設定している場合、ここで変更しても反映されない。

phpinfoで確認しても、php.iniファイルを読み込むパス情報の

「Loaded Configuration File」には (none) と表示される。これは読み込みされる場所にphp.iniファイルが存在しないということ。

ではどうすればいいのかという、独自ドメインのルートフォルダに直接php.iniファイルを書き込んで転送すればいい。その後phpinfoで「Loaded Configuration File」を確認すれば読み込みできていることがわかる。

ちなみに、自分の場合はinclude_pathの設定をしようと上記の解決策を見つけるまではまったのだが、.htaccessでinclude_pathを変更してもエラーが出てできなかった。

サーバーコントロールパネル内「PHP設定の編集」に次の記載がある。

//////////////////////////////////////////////
.htaccess に PHP_Flag や PHP_Value を指定せず、php.ini に設定してください。htaccess に記述した場合、Internal Server Error になります。
//////////////////////////////////////////////

さくらサーバーでinclude_pathを変更するには、php.iniを変更するのが正しい。

SSH(poderosa)を使って、さくらのMySQLサーバーに接続する方法

SSH(poderosa)を使って、さくらのMySQLサーバーに接続する方法の覚書。

現在のさくらサーバーでは、新規ユーザーはTELNETが使えない。なので、データベースをコマンドラインで操作するには、SSHで接続する必要がある。

1.poderosaでサーバーにログインする。

詳しくは↓
http://support.sakura.ad.jp/manual/rs/others/ssh.html

2.ログインできたら、データベースの情報を入力

mysql -u データベースユーザー名 -h  データベースサーバー名(mysql***.db.sakura.ne.jp) -p

入力したらENTER。

するとパスワードが求められるので入力(この際、カーソルは動かないが仕様)、そしてENTER。

ログインに成功すると、「mysql>」と出るはず。

なお、自身のデータベースユーザー名、データベースサーバー名はさくらのサーバーコントロールパネル空確認しておく必要がある。また、初回はそこからパスワードを設定することも必要。

4 / 41234