さくらインターネット


さくらのサブドメインを別のサーバーで使いたい

やりたいこと

現在、さくらレンタルサーバーAでドメインとサブドメイン一個を運用中。ドメイン自体はお名前.comで取得したもの。

これにサブドメインをもう一個追加したい。追加先は新しく契約したさくらレンタルサーバーB。

現在
-------------------------
ドメイン ← さくらレンサバAで運用中
サブドメイン ← さくらレンサバAで運用中
-------------------------

こうしたい
-------------------------
ドメイン ← さくらレンサバAで運用中
サブドメイン ← さくらレンサバAで運用中
新サブドメイン ← さくらレンサバBに追加
-------------------------

さくらレンサバBにサブドメインの設定をして、ドメイン取得元のお名前.comでDNS設定をする。

参考:サブドメインの設定方法メモ

しかし、設定が完了し時間をおいても一向にサブドメインにアクセスできない。IEでアクセスしても「見つかりません」エラーが返ってくる。Chormeでアクセスするとエラー内容の詳細が分かった。

エラー内容
----------------------------------------------------------
The requested URL /php.cgi/index.html was not found on this server.
----------------------------------------------------------

ようは、新しいサブドメインのルートフォルダにphp.cgiがなかったからで、コピーしたら動いた。

参考:さくらインターネットでPHPを.htmlで動かす.htaccessの設定方法

さくらのmysqlサーバーのサブドメインを指定した別サーバーからもログイン可能。(レンサバAのmysqlサーバーにレンサバBからログインができる)

RewriteRuleで同じ名前のフォルダから同じファイルへのリダイレクトができない

top.html というファイルに http://example.com/top/ というurlでアクセスするために、.htaccess に以下の記述をした。

---------------------------
RewriteEngine on
RewriteRule top/$ /top.php
---------------------------

しかしリダイレクトがされない。なぜか?
おそらく RewriteRule の「top/$」の部分は、そういう名前のファイルがないことを条件に指定したパスへリダイレクトを行うからだと思う。だから、top.php という名前のファイルが存在している状態で「RewriteRule top/$」と指定すると top.php というファイルがあるからリダイレクトにならない。(本当なら「top/」のパターンに top.php はマッチしないはずだが)

ひとつわかったこと
転送先のURLのディレクトリに .htaccess ファイルがあると転送後にさらにリダイレクトが実行されるのではまる!!

top.php ファイルがルートディレクトリにない状態だとリダイレクトできる。
ただ、ファイルがないので404エラーになる。
↓↓
---------------------------
RewriteEngine on
RewriteRule top/$ /top.php
---------------------------

top.php ファイルがルートディレクトリにある状態でも以下の書き方ならリダイレクトする。

---------------------------
RewriteEngine on
RewriteRule top/$ /toppage.php
---------------------------

OR

---------------------------
RewriteEngine on
RewriteRule tap/$ /top.php
---------------------------

RewriteRule はいまいちよく分からない。

【さくら】php-mecabが突然使用できなくなった件

php-mecab を使用してるページがエラーしか表示されなくなった。

表示されたエラー
---------------------------------------------------
Fatal error: Class 'Mecab' not found in /home/username/www/xxxx.html on line 20
---------------------------------------------------

推測だが、さくらインターネットの PHP のバージョンが勝手に変更されたのが原因だと思う。phpinfo で mecab が表示されない。つまり、php-mecab が認識されていない。

解決用法、mecab および php-mecab を入れ直した。

入れ直し時に注意すること。

・mecab と php-mecab の古いファイルは念のため削除しておく。上書きされるかと思ったがうまくいかなかった。(これがうまくいかない原因だったかは不明)

・php-mecab のインストール時に php のバージョンを指定する箇所があるので新しいバージョンに合わせる。

・さくらにデフォルトインストールの mecab に問題があった場合解決が難しいので、自前の mecab を local 領域にいれて使用したほうが解決しやすい。(今回、デフォルト → 自前 に変更した)

KAGOYAのデータベースプランにターミナルでアクセス

KAGOYA のデータベースプラン(SSD 共有)の DB サーバーにアクセスする方法、覚書。

1.kagoya のサーバーコントロールにログインして、データベースをつくる。そのデータベースのアクセス許可にアクセス元の IPアドレス を登録する。自分の場合はさくら共有サーバーのIPアドレス。

2.ターミナルからさくらサーバーにアクセス。さくらサーバーからさくらの DB にアクセスするように kagoya の DB にアクセスする。

コマンド(さくらサーバーにログイン後)
----------------------------------------------------
% mysql -h mysql*****.kagoya.net -u ユーザーID -p --default-character-set=utf8
----------------------------------------------------

以後、さくらの DB を使っているのと同じように kagoya の DB を使用できる。

さくらでphpのバージョンを更新してもバージョンがあがらない

さくらインターネットの共有サーバーで、サーバーコントロールからphpのバージョンを更新したあと、phpinfo でバージョンを確認してもあがってなかった。

php.cgi を公開フォルダに置いていたので、新しいバージョンをコピーし直したらphpのバージョンはあがった。

さくらのmysqlで大きなファイルをインポートしたら後半のデータが文字化けした

サクラインターネットのレンタルサーバーをプラン変更したとき、古いデータベースサーバーから新しいデータベースサーバーにデータを移行する必要があった。古いデータを mysqladmin から sql ファイルとしてエクスポートして、新しいデータベースサーバーへはターミナルで接続して source コマンドでエクスポートした。

すると、いくつかあるテーブルの内、後半のテーブル内のデータが文字化けする現象に遭遇した。インポート中のターミナル画面を見ていると気になるエラー?を発見。

--------------------------------------------
Query OK, 870 rows affected (0.02 sec)
Records: 870 Duplicates: 0 Warnings: 0

ERROR 2006 (HY000): MySQL server has gone away
No connection. Trying to reconnect...

Query OK, 850 rows affected (0.02 sec)
Records: 850 Duplicates: 0 Warnings: 0
--------------------------------------------

いったんデータベースサーバーへの接続が切断されて、その後再接続が行われている。そして、その再接続後から文字化けが起こっている?

このエラーは、インポートするデータが大きすぎると起こるらしい。

自分でいじれるサーバーであれば、max_allowed_packet の値を上げることで解決できるようだが(参考)、さくらの自分のプランでは、my.cnf をいじることができないため通用せず。

mysql の文字コードを確認してみる。

//コマンド
-------------------------------
mysql> show variables like "chara%";
-------------------------------

+--------------------------+----------------------------------+
| Variable_name | Value |
+--------------------------+----------------------------------+
| character_set_client | ujis |
| character_set_connection | ujis |
| character_set_database | ujis |
| character_set_filesystem | binary |
| character_set_results | ujis |
| character_set_server | ujis |
| character_set_system | utf8 |
| character_sets_dir | /usr/local/share/mysql/charsets/ |
+--------------------------+----------------------------------+

utf8 のデータだが、設定されている文字コードは ujis が多い。文字コードを変更する最も一般的な方法は my.cnf を書き換えることだが自分のプランではできない。ターミナルで mysqlサーバーへログインするときに 文字コードを指定してみる。

//ターミナルで文字コードを設定
-------------------------------
mysql -u ユーザー名 -p -h ホスト名 --default-character-set=utf8
-------------------------------

//設定後
+--------------------------+----------------------------------+
| Variable_name | Value |
+--------------------------+----------------------------------+
| character_set_client | utf8 |
| character_set_connection | utf8 |
| character_set_database | ujis |
| character_set_filesystem | binary |
| character_set_results | utf8 |
| character_set_server | ujis |
| character_set_system | utf8 |
| character_sets_dir | /usr/local/share/mysql/charsets/ |
+--------------------------+----------------------------------+

character_set_database は use でデータベースを選択すると、データベースの文字コードになる。

//最終的にこうなった
+--------------------------+----------------------------------+
| Variable_name | Value |
+--------------------------+----------------------------------+
| character_set_client | utf8 |
| character_set_connection | utf8 |
| character_set_database | ujis |
| character_set_filesystem | binary |
| character_set_results | utf8 |
| character_set_server | ujis |
| character_set_system | utf8 |
| character_sets_dir | /usr/local/share/mysql/charsets/ |
+--------------------------+----------------------------------+

この状態で sql ファイルを source で実行したら文字化けは起こらなかった。

さくらサーバーでpearのインストール 2016年10月版

さくらのレンタルサーバーをプラン変更した際、 pear の再設定に手間取ったので覚書。
php ファイル で、DB ライブラリとPager ライブラリを利用しているため、それぞれを利用可能にする必要があった。さくらのレンタルサーバーには、もともと pear がインストールされているが件のライブラリ は入っていない。もともと入っている pear は共有部分のに入っているため、ライブラリをインストールするには、 pear 自体も ローカル部分にインストール必要があった。

1.さくらサーバーに pear のインストール

pear のインストール方法はいくつかあるが、今回は go-pear を使った。
go-pear は古くてインストール途中で止まるものがインターネット上にたくさんある。

2016年10月3日現在有効な pear-go

上記リンクを右クリックして www フォルダ以下に「go-pear.php」という名前で保存。その後、ブラウザからアクセスする。

設定項目を埋めて、インストールボタンを押す。設定項目のインストール先は www フォルダ(Installation prefix($prefix))直下がデフォルトのようだが、移行元の pear が「/home/ユーザー名/」の直下だったので、同じようにした。

設定の参考にしたページ こちら

インストールは無事完了したが、Warning が出た。

----------------------------------------------
Warning: Can not determine the URL of the freshly installed Web Frontend
(file: /home/ユーザー名/index.php).
Please access it manually !
----------------------------------------------

これは「インストール後に生成された index.php ファイルが www フォルダより上にあるためアクセスできないよ」という内容のもの。ブラウザからライブラリをインストールするには、index.php へのアクセスが必要なので、www フォルダ直下に「gopear」というフォルダを作って、index.php ファイルをコピーした。

2.ライブラリのインストール

ライブラリをインストールするにはターミナルから操作する方法と 件の index.php へアクセスして操作する方法がある。

最初ターミナルからサーバーにログインしてコマンドを実施した

//DB ライブラリをインストールするコマンド
------------------------
% pear install -a DB
------------------------

インストールできたかは list でパッケージの一覧を取得すればいい
------------------------
% pear -c /home/acount_name/pear.conf list
------------------------
※pear.conf info のところが .pearrc になっている場合があるかも?find /home/acount_name -name '*pear*' で対象のファイルがあるか確認するといい。
※ -c file の詳細は pear help options で確認できる

これだとさくらサーバーに最初からある pear の情報が出る
------------------------
% pear list
------------------------

すると、エラーが出てインストールできなかった

//エラー内容
------------------------
Cannot install, php_dir for channel "pear.php.net" is not writeable by the current user
------------------------

書き込みができないという内容。どうもインストールを実施しようとしている pear が、さくらサーバーにもともとインストールされている pear らしい。

//pear のバージョンを調べるとどの pear に対して命令しているのか分かる
------------------------
% pear info PEAR
------------------------

自前のpearならこれ
------------------------
% pear -c /home/acount_name/pear.conf info PEAR
------------------------

自分でインストールした pear に対して命令してもいいが、index.php からライブラリをインストールする方法に変更。

pear インストール時に生成された index.php にブラウザからアクセス。
画面の右上にある「Search package by name」から、DB と Pager を検索してインストール。
DB と名前の入るライブラリがたくさんあって、検索結果が出るまで時間がかかった。読み込み中がずっと続いたのであせった。

インストールできたら、ドキュメントルートの php.ini を変更してpear を include して使う。

さくらにて、異なるドメイン間でリダイレクトする

さくらインターネットにて .htaccess 内に RewriteRule を記述してリダイレクトを指定したがうまくいかなかった。どうもドメインをまたいでのURL遷移は禁止されているらしい。

・さくらインターネットで、RewriteRule を用いて異なるドメイン間のリダイレクトは不可。

php を使ってのリダイレクトは問題なく出来た。

---------------------------------
<?php
header( "HTTP/1.1 301 Moved Permanently" );
header( "Location: http://$new_url" );
?>
---------------------------------

html_entity_decodeで文字化けしたときの対処法

さくらにて、同じサーバーで異なるドメインを運用中、片一方のドメインだけで文字化けが発生した。文字化け発生箇所は html_entity_decode を実行した直後。

原因はphpのバージョンの違いだった。
html_entity_decode のエンコードのデフォルト値はphpのバージョンで異なる。

PHP 5.6.0 以降では、デフォルト値として default_charset の値が使われる。PHP 5.4 と PHP 5.5 のデフォルト値は、 UTF-8 で、それより前のバージョンの PHP のデフォルト値は ISO-8859-1 である。

私のさくらサーバーはhtmlファイル内でphpを実行させるため、ルートファイルにphp.cgiをコピーしている。で、さくらのphpのバージョンはコピーしたphp.cgiで決まる。今回片一方のドメインのみで文字化けが起こったのはphp.cgiのバージョンが異なったためだった。

文字化けなしのphp.cgiをコピーして問題は解決した。なお、html_entity_decode では encoding というオプションの引数で文字コードを変えることが可能である。

UTF-8なら、
html_entity_decode($str,ENT_NOQUOTES,'UTF-8')

【さくら共有】mysqlサーバーに突然アクセスできなくなった件

さくら共有サーバーのmysqlサーバーに突然アクセスできなくなったときの覚書。

サイトにアクセスしても突然つながらなくなった。

「Servece Temporarily Unavailable」と出る
mysql_error1

ページを更新させると違うエラーが出る
mysql_error2

どうもmysqlサーバーにつながってないよう。

phpmyadminへのログインを試みる。
mysql_error3

ログインできない。エラー番号は1040。

SSHからmysqlサーバーにログインしてみる。
mysql_error4

「Too many connections」のエラー。ようはmysqlサーバーへのアクセスが多すぎらしい。

これを解消するためにいろいろ試みた。
mysql_error5

動作しているプロセスを終了してみるが、改善されず。

結局2時間後、つながるようになった。時間が解決してくれた。

2 / 41234