mysql


【mysql】カンマ区切りの文字列から上手にデータを抽出する【FIND_IN_SET】

カンマ区切りの文字列から上手にデータを抽出には「FIND_IN_SET」を使う。

たとえばあるカラムにカンマ区切りのデータが入っていたとする。

---------------------------------
はくさい,しいたけ,にんじん
---------------------------------

この場合こう書く。

SELECT * FROM table WHERE FIND_IN_SET('しいたけ', カラム名);

FIND_IN_SET は、結合条件(ON 句のうしろ)にも使える。

【さくら共有】mysqlサーバーに突然アクセスできなくなった件

さくら共有サーバーのmysqlサーバーに突然アクセスできなくなったときの覚書。

サイトにアクセスしても突然つながらなくなった。

「Servece Temporarily Unavailable」と出る
mysql_error1

ページを更新させると違うエラーが出る
mysql_error2

どうもmysqlサーバーにつながってないよう。

phpmyadminへのログインを試みる。
mysql_error3

ログインできない。エラー番号は1040。

SSHからmysqlサーバーにログインしてみる。
mysql_error4

「Too many connections」のエラー。ようはmysqlサーバーへのアクセスが多すぎらしい。

これを解消するためにいろいろ試みた。
mysql_error5

動作しているプロセスを終了してみるが、改善されず。

結局2時間後、つながるようになった。時間が解決してくれた。

さくら共有サーバーで使えるmysqlコマンドの一覧

さくら共有サーバーで使えるmysqlコマンドの一覧は次のとおり。
mysqlモニターにログインしなくても(ログイン前に)つかえるもの。

MySQL5系 MySQL4系
mysql mysql-4.0
mysqldump mysqldump-4.0
mysqlimport mysqlimport-4.0
mysqlshow mysqlshow-4.0
mysql_config mysql_config-4.0

上記だけなので、mysqladminなどは使えない。

実行するとこうなる
------------------------------
mysqladmin: Command not found.
------------------------------

ソース

【mysql】さくら共有サーバーのmy.cnfの場所

my.cnfは、mysqlの設定ファイル。

SSHでサーバーにログイン(mysqlモニターにはログインしない)して、以下のコマンドを実行すれば確認できる。

「mysql --help」

もしくは、

「mysql --help | grep my.cnf」

helpに書かれている次のパスが、my.cnfのあるところ。
mycnf1

実際には「/usr/local/mysql/5.5/etc」にあった。

以下の記述があった。

-------------------------------
[mysql]
default-character-set=ujis
[mysqldump]
default-character-set=ujis
[mysqlimport]
default-character-set=ujis
[mysqlshow]
default-character-set=ujis
-------------------------------

これは、サーバーにログイン後(mysqlモニターにはログインしない)に使えるコマンド。
mysqladminなどはないので、実行しても使えない。

-------------------------------------------
mysqladmin -u username -h hostname -p
-------------------------------------------

↓ ↓ ↓

-------------------------------------------
mysqladmin: Command not found.
-------------------------------------------

【PHP】expects parameter 1 to be resource, boolean givenの意味

PHPにてmysql_fetch_assocを実行したところエラーが出た

エラー内容
-------------------------------------------------------
Warning: mysql_fetch_assoc() expects parameter 1 to be resource, boolean given in /home/username/www/test.php on line 183
-------------------------------------------------------

日本語訳
-------------------------------------------------------
「mysql_fetch_assoc()」は、パラメータ1がリソース型(データベース操作をして取り出した値)であると期待したが、boolean値(falseのこと)が与えられた。test.phpの183行目において。
-------------------------------------------------------

ようは、queryの実行に失敗していて、データベースの値は取り出せず、falseになっているということ。

・リソース →ファイル接続、データベース接続 などを通して使用する PHP 外の情報資源。

・expect A to do ~ → Aが~するのを期待する。

【mysql】ORDER BYの順番でレコードに連番を振る方法

ORDER BYの順番でレコードに連番を振るクエリは以下の通り。

-----------------------------------------------------
SET @i := 0;
UPDATE テーブル名 SET column2 = (@i := @i +1) ORDER BY column1 ASC;
-----------------------------------------------------
ORDER BY 以下の条件で、column2フィールドのレコードに連番を振られる。

他のPCからxamppをインストールしたPCのmysqlに接続する

他のPCからODBC接続でxamppをインストールしたPCのmysqlに接続を試みた際、Mysql Connecterのテスト接続でエラーが発生した。

エラー内容
----------------------------------------------------------------
Host 'xxx.xxx.xxx.xxx' is not allowed to connect to this MySQL server
----------------------------------------------------------------

xamppの初期設定では、localhostからの接続だけが許可されているのでエラーになる。
他のPCから接続するには、接続の権限を持ったユーザー作る必要がある。

「mysql」という名前のデータベースに「user」という名前のテーブルがあるので、そこに新しいユーザーを加える。

書式
----------------------------------------------------------------
GRANT ALL PRIVILEGES ON 有効範囲(データベース名.テーブル名) TO ユーザー名@ホスト名 IDENTIFIED BY 'パスワード'
----------------------------------------------------------------
PRIVILEGES は、省略可。

実際のコマンド
----------------------------------------------------------------
GRANT ALL PRIVILEGES ON *.* TO testuser@'%' IDENTIFIED BY 'test'
----------------------------------------------------------------

GRANT構文については、こちら1こちら2

上のコマンドだと、以下の設定をしたことになる。
----------------------------
・ユーザー名:testuser
・パスワード:test
・ホスト名(@以降):ワイルドカード(%)← これでlocalhost以外からもアクセス可能になる。もし「localhost」と記述すれば、他のPCからはアクセスできない。
・all privileges は、「(GRANT権限以外の)すべての権限を与える」
・*.* は、「すべてのデータベースのすべてのテーブルに有効」という意味。
----------------------------

これでうまくいった。

他のPCからページが見れない場合は、こちら

参考ページ:こちら1こちら2

さくら共有サーバーでImportError: No module named MySQLdbが出る

さくら共有サーバーに「MySQL for Python」をインストールしたときに、ImportErrorが出た。解決方法の覚書。

【環境と前提】
---------------------------------
・さくらスタンダードプラン
・/home/workroom/local以下に自前の python2.7 がインストール済み。(さくら標準のpythonとは別で)
・/home/workroom/local以下に MySQL for Python がインストール済み。
---------------------------------

import MySQLdb を行うとエラーが出るのだが、理解に苦しんだのはエラー発生の条件が限定されているということ。

エラー内容
---------------------------
Traceback (most recent call last):
File "python_test4.cgi", line 11, in
import MySQLdb
ImportError: No module named MySQLdb
---------------------------

エラーが出る、もしくは出ないのは次の場合。

エラーが出ない(問題なし)
---------------------------
1.自前のpythonにパスを通して、ターミナルで「import MySQLdb」したとき。

2.テキストファイルの先頭に「#!/usr/local/bin/python」と記述して、pythonスクリプトをアップロードして、さくら標準のpythonを使い、ブラウザで読み込んだとき。
---------------------------
この2つの場合は、問題なく動作する。

エラーが出る
---------------------------
1.テキストファイルの先頭に「#!/home/username/local/bin/python」と記述して、pythonスクリプトをアップロードして、自前のpythonを使い、ブラウザで読み込んだとき。
---------------------------
自前のpythonを使って、ブラウザでpythonスクリプトを読み込んだときだけエラーが発生する。

「.cshrc」に PYTHONPATH や LD_LIBRARY_PATH を設定しているのに、無い!といわれる。

いろいろ悩んだ結果、解決法。
pythonスクリプトの先頭の記述を変更した。

---------------------------
#!/home/username/local/bin/python
---------------------------

↓↓↓

---------------------------
#! /usr/bin/env -S LD_LIBRARY_PATH=/home/username/local/lib PYTHONPATH=/home/username/local/lib/python:/home/username/local/lib/python/site-packages:/home/username/local/MySQL-python-1.2.3:/home/username/local/lib /home/username/local/bin/python
---------------------------

ようは、「.cshrc」に記述してあったpython関係のパスの記述を、全部テキストファイルの先頭にもコピーした。

これで動いた。自前のpythonをテキストファイルの記述で動かすと、「.cshrc」に書いてあるパスは無視されるって事かな?

参考:こちら

【さくら共有サーバー】pythonでmysqlを使えるようにする

pythonでmysqlを使えるようにした際の覚書。

概要をつかむための参考ページ

【環境と前提】
・さくらスタンダードプラン
・「/home/username/local」に自前のpython2.7がインストール済み

1.pythonでmysqlを利用するためドライバをインストール

ドライバは何種類かある中で「MySQL for Python」を選択。デファクトスタンダードらしい。

こちらからダウンロード(この時のファイル名、MySQL-python-1.2.3.tar.gz)

ダウンロード先は「/home/username/local」で、次に解凍。
解凍したフォルダに移動してセットアップを実行。

参考:こちら

セットアップコマンド
--------------------------------------------------
% python setup.py install --home=~/local

Traceback (most recent call last):
File "setup.py", line 5, in
from setuptools import setup, Extension
ImportError: No module named setuptools
--------------------------------------------------

エラーで出る。

setuptoolsがないとのことで、インストールする。

参考:Pythonで一番最初に入れるべきパッケージ
  こちらも参考

setuptoolsは、こちらからダウンロード

ダウンロード後、解凍し、フォルダの中へ移動。

コマンドを実行。
--------------------------------------------------
python ez_setup.py
--------------------------------------------------

インストールできたことを確認するため、コマンドを打って確認
--------------------------------------------------
easy_install
--------------------------------------------------
エラーは出るけど、コマンド自体が存在していることを確認。

setuptoolsがインストールできたので、「MySQL-python」に移動してsetupをリトライ。

コマンド
--------------------------------------------------
python setup.py install --home=~/local
--------------------------------------------------

今度は別のエラーが出る。

エラー内容
--------------------------------------------------
% python setup.py install --home=~/local

running install
Checking .pth file support in /home/username/local/lib/python/
/home/username/local/bin/python -E -c pass
TEST FAILED: /home/username/local/lib/python/ does NOT support .pth files
error: bad install directory or PYTHONPATH

You are attempting to install a package to a directory that is not
on PYTHONPATH and which Python does not read ".pth" files from. The
installation directory you specified (via --install-dir, --prefix, or
the distutils default setting) was:

/home/username/local/lib/python/

and your PYTHONPATH environment variable currently contains:

''

Here are some of your options for correcting the problem:

* You can choose a different installation directory, i.e., one that is
on PYTHONPATH or supports .pth files

* You can add the installation directory to the PYTHONPATH environment
variable. (It must then also be on PYTHONPATH whenever you run
Python and want to use the package(s) you are installing.)

* You can set up the installation directory to support ".pth" files by
using one of the approaches described here:

https://pythonhosted.org/setuptools/easy_install.html#custom-installation-locations

Please make the appropriate changes for your system and try again.
--------------------------------------------------

どうもPYTHONPATHがエラーの原因のようなので、PYTHONPATHの設定を変更する。

ホームディレクトリにある「.cshrc」に以下を追加。
参考:こちら

--------------------------------------------------
setenv PYTHONPATH $HOME/local/lib/python:$HOME/local/lib/python/site-packages

setenv LD_LIBRARY_PATH $HOME/local/lib
--------------------------------------------------
※実際には「$HOME/local/lib/python」というフォルダは存在しない。あるのは「$HOME/local/lib/python2.7」。だけど構わない。

パスの確認は、コンソール画面で
-----------
python
>>>import sys
>>>sys.path
-----------

サーバーに再接続して、ふたたびsetupを試みる。

コマンド
--------------------------------------------------
python setup.py install --home=~/local
--------------------------------------------------

うまくいった。

おまけ。
別に機会に「MySQL for Python」をインストールしたときは、こんなエラーが出た。

エラー内容
--------------------------------------------------
% python setup.py install --home=~/local
running install
error: can't create or remove files in install directory

The following error occurred while trying to add or remove files in the
installation directory:

[Errno 2] No such file or directory: '/home/workroom/local/lib/python/test-easy-install-35897.write-test'

The installation directory you specified (via --install-dir, --prefix, or
the distutils default setting) was:

/home/workroom/local/lib/python/

This directory does not currently exist. Please create it and try again, or
choose a different installation directory (using the -d or --install-dir
option).
--------------------------------------------------
「python」という名前のディレクトリを作ってあげたら解決した。

UWSCでODBCを使ってmysqlに接続する

UWSCでODBCを使ってmysqlに接続したときの覚書。

【環境】
Windows7 64bitで接続。mysqlもlocalhostにある。

1.MySQL用のODBCドライバのインストール

windowsからmysqlに接続するため、MySQL用のODBCドライバをインストールをインストールする。参考

ダウンロードはこちらから

windows7は64bitを利用しているが、UWSCが32bitなので、ドライバは32bit版を選択する。
ダウンロードページで、「login」や「sign up」を求められるが、不要ならその下の「No thanks, just start my download.」のリンクから回避できる。

ダウンロードしたら、インストールする。

2.ODBCにmysqlの情報を設定する

インストールできたら、データソース(ODBC)をこちらから設定する。
---------------------------------
C:\Windows\SysWOW64\odbcad32.exe
---------------------------------

※こちらにあるのは64bit版なので、無効(32bit版windowsなら有効だろう)
---------------------------------
コントロール パネル\すべてのコントロール パネル項目\管理ツール\データ ソース (ODBC)
---------------------------------

設定時、インストールしたドライバが二種類表示されるが「MySQL ODBC 5.x Unicode Driver」を選択。「MySQL ODBC 5.x ANSI Driver」は、日本語WindowsではSHIFT-JISを意味するらしい。

※localhost以外のPCから接続できない場合は、こちら

3.UWSCでmysqlに接続してみる

参考ページ

参考スクリプト
Open メソッド (ADO Recordset)  
Fields コレクション  
FieldsコレクションとFieldオブジェクトの使い方

mysqlに接続するサンプルコード
-----------------------------------------------------------
objConn = CreateOleObj("ADODB.Connection")
objConn.Open("ODBCで作った名前") // コネクション(接続)実行

Dim RS = CreateOleObj("ADODB.Recordset")
Dim StrSQL = "Select * From テーブル名" //クエリ
RS.Open(StrSQL, objConn) // SQL実行 レコードセット取得

While ! RS.EOF
Print_ALLFields(RS) // 全フィールドのプリント
RS.MoveNext // 次のレコードへ
WEnd

sleep(100) //printが消えないように

//全フィールドのプリント
Procedure Print_ALLFields(a_RS)

Dim i, Str
For i = 0 To a_RS.Fields.Count - 1
Str = Str + "[" + i + " " + a_RS.Fields[i].name + " = " + a_RS.Fields[i].value + "]"
Next
Print Str

FEnd
-----------------------------------------------------------

2 / 512345