CentOS


さくらVPSと同じドメインのメールを使う

さくらのVPSをメールサーバーにするよりさくらのメールボックスを利用したほうが簡単なのでその方法。

参考ページ
さくらのVPS-さくらのメールボックスでウェブサイトと同じドメインを使う
さくらメールボックス連結のVPSメールサーバーMX設定

pearでcould not extract the packageエラー

pearで新しいパッケージをインストールするとエラーが出る。

-------------------------------------------------
could not extract the package ~
-------------------------------------------------

tgz ファイルが展開できないという内容らしい。

以下のサイトを参考に対処
pearコマンドでcould not extractのエラーが発生

インストール時の解凍に失敗する Tarのバグ(PEAR/Archive/Tar.php)

PEAR on PHP 5.5: could not extract package.xml

原因は Archive_Tar のバグ。なので Archive_Tar 自体をアップデートを試みるが、Archive_Tar のファイル自体が解凍できないので解決できない。

-------------------------------------------------
pear upgrade Archive_Tar
downloading Archive_Tar-1.4.2.tgz ...
Starting to download Archive_Tar-1.4.2.tgz (20,624 bytes)
.....done: 20,624 bytes
could not extract the package.xml file from "/tmp/pear/download/Archive_Tar-1.4.2.tgz"
Download of "pear/Archive_Tar" succeeded, but it is not a valid package archive
Error: cannot download "pear/Archive_Tar"
Download failed
upgrade failed
-------------------------------------------------

解凍はできないけどファイルのダウンロードはできているようなので手動で解凍。

-------------------------------------------------
tar zxvf Archive_Tar-1.4.2.tgz
-------------------------------------------------

解凍したファイルと問題のあるファイルを置き換える

ファイルの場所を確認
-------------------------------------------------
find / -name Tar.php
/usr/share/pear/Archive/Tar.php
/tmp/pear/download/Archive_Tar-1.4.2/Archive/Tar.php
-------------------------------------------------

ファイルの置換
-------------------------------------------------
cp /tmp/pear/download/Archive_Tar-1.4.2/Archive/Tar.php /usr/share/pear/Archive/
-------------------------------------------------

これでOK。

古い pear がインストールされたのが原因だったので pear 自体をアップグレードしておく
-------------------------------------------------
pear upgrade PEAR
-------------------------------------------------

さくらvpsでphpmyadminをインストールする

さくらのvpsで phpmyadmin をインストールしたときの覚書

phpmyadmin は 下記ページの後半を参考にすればいい。

さくらのナレッジ Webサーバーを構築しよう(2)

しかし説明のとおりインストールすると、標準でインストールされる php5.3 向けの phpmyadmin がインストールしようとしてエラーが出て完了しない。

php5.6 だとこれではインストールできない
-------------------------------------------------
yum install phpmyadmin
-------------------------------------------------

yum install phpmyadmin で依然入れたバージョンを削除するなら簡単にアンインストールできる
-------------------------------------------------
yum remove phpmyadmin
-------------------------------------------------

なので、php のバージョンに合った phpmyadmin をインストールする

php5.6 で yum を使って phpmyadmin をインストール
-------------------------------------------------
-y --enablerepo=remi,remi-php56 phpMyAdmin
-------------------------------------------------

【さくらvps】ibdata1 is of a different size でmysqlが起動できない

mysql を 5.1 から 5.6 に update した際、 mysql が起動できなくなった。

起動に失敗
-------------------------------------------------
/etc/init.d/mysqld start
MySQL Daemon failed to start.
Starting mysqld: [FAILED]
-------------------------------------------------

cat /var/log/mysqld.log

エラーログの内容
-------------------------------------------------
[ERROR] InnoDB: auto-extending data file ./ibdata1 is of a different size 640 pages (rounded down to MB) than specified in the .cnf file: initial 768 pages, max 0 (relevant if non-zero) pages!
-------------------------------------------------

これは設定変更後 ibdata1 のファイルサイズが違うため起きるエラーのよう。なので ibdata1 関連のファイルを削除する

my.cnf でデータの保存先を確認
-------------------------------------------------
cat /etc/my.cnf
-------------------------------------------------

my.cnf で確認したデータのある場所
-------------------------------------------------
datadir=/var/lib/mysql
-------------------------------------------------

データのある mysql ディレクトリに移動し、問題のファイルがあることを確認
-------------------------------------------------
cd /var/lib/mysql
ls
ib_logfile0 ib_logfile1 ibdata1 mysql
-------------------------------------------------

すべて削除
-------------------------------------------------
rm -rf ib_logfile0
rm -rf ib_logfile1
rm -rf ibdata1
-------------------------------------------------

再起動できた
-------------------------------------------------
/etc/init.d/mysql start
Starting mysqld: [ OK ]
-------------------------------------------------

ファイル削除の参考my.cnfでinnodb関連の設定後、MySQLが起動しなくなった

しかし新たなるエラーが発生

エラーログの内容
-------------------------------------------------
[ERROR] Missing system table mysql.proxies_priv; please run mysql_upgrade to create it
-------------------------------------------------
このあとにもたくさんのエラーが続く

please run mysql_upgrade to create it という内容なので update を実行

-------------------------------------------------
mysql_upgrade -u root -p
-------------------------------------------------

エラーが出なくなった

【さくらvps】CentOS6 で php を update

標準リポジトリから php をインストールしたら php5.3 だったので、php5.6 にした時の覚書

現在有効なリポジトリの一覧を表示

コマンド
-------------------------------------------------
yum repolist all
-------------------------------------------------
status が enabled となっているのが有効なリポジトリ

epel は有効になっていた

最新バージョンの php を手に入れるには Remi リポジトリを利用するのがいいらしいので、使えるようにする。

CentOS6系で Remi リポジトリをインストール
-------------------------------------------------
rpm -Uvh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-6.rpm
-------------------------------------------------
以下ほぼこちら通り:CentOS6/CentOS7にPHP5.6/PHP7をyumでインストール

現在のPHPバージョンを確認
-------------------------------------------------
rpm -qa | grep php
php --version
-------------------------------------------------

現在のphp を削除(しなくても update されるけど念のため)
-------------------------------------------------
yum remove php-*
-------------------------------------------------

PHP5.6をインストール
-------------------------------------------------
yum install --enablerepo=remi,remi-php56 php php-devel php-mbstring php-pdo php-gd
-------------------------------------------------

さくらレンタルサーバーからvpsへの引っ越し手順

さくらレンタルサーバーから vps への引っ越し手順の覚書

引っ越しをするときは、vps の設定をすべて済ませておくこと。php や mysql も使える状態になってから引っ越し作業に取り掛かる。設定に戸惑ってダウンタイムが長くなるのを防ぐため。

vps を借りてからの設定についてはこちら

お名前かさくらどちらかでネームサーバーを変更

共用サーバーを利用していた時はさくら側で設定が必要だったが、vpsの場合、お名前でもさくらでもどちらで設定してもいい

お名前側で設定する場合

さくら側で設定する場合

さくら側で設定する場合、さくらレンタルサーバーでのネームサーバーの指定を解除しておく必要がある。その後二時間は再設定できないので、早く済ませたいならお名前側で設定するほうがいい。

E212: Can't open file for writing の対処法

vi で存在しないパスを指定して保存を実行するとエラーが出る。

:w や :wq でエラー
-------------------------------------
E212: Can't open file for writing
-------------------------------------

この場合、:w や :wq に続けて保存先のパスを指定するといい。

-------------------------------------
:w /PATH/

OR

:wq /PATH/
-------------------------------------

さくらのvpsを借りたらやること

セキュリティの設定
-------------------------------------------------
1.一般ユーザーを追加して、sudo で root権限を与えられるようにする
参考ページ

2.rootでのログインを禁止
参考ページ

3.ssh のポート番号を 22 から変更

iptables の変更も忘れずに!

参考ページ

4.鍵認証の設定

参考ページ
※authorized_keys のパーミッションを 600 にしないとログインできないので注意!

5.その他の設定も次のサイトのとおり
参考ページ

-------------------------------------------------

上の参考サイトでマルチドメインの設定をするとサーバーのIPアドレスでのアクセスができなくなるので、httpd.confを編集してIPアドレスでアクセスできるようにする。
さくらVPSで複数の独自ドメインを運用する

ftpクライアントからファイルをアップロード
-------------------------------------------------
ffftp が基本的に sftp 接続できないので fileZilla を使った。

fileZilla でサーバーに繋がったのにアップロードするとエラーになった。公開フォルダの所有者が root なのに、ほかのユーザーでログインしたのが原因。公開フォルダの所有者を変更する。
参考ページ
-------------------------------------------------

久しぶりに立ち上げたサーバーにつながらなかった時の対処法

久しぶりに立ち上げた CentOS がインターネットつながらない。CentOS内のFireFox からインターネットが見れず。WindowsPCのFFFTPからもアクセスできず。

やったこと。

1.
------------
ifconfig
------------

ネットワーク環境を確認する。NICが正常に認識されていればOK。eth0のところに自身のIPアドレスが表示されていればいい。

2.
------------
ping 192.158..0.9 ← 自分自身のIPアドレスに送った
------------

返ってきたメッセージ
------------
Destination Host Unreachable
------------

デフォルトゲートウェイがダウンしている状態に返ってくるメッセージということで、ルーターを再起動させて解決できた。

CentOS自宅サーバーにpoderosaやffftpから接続するときの確認事項

外部ネットワークからCentOSの自宅サーバーにアクセスするときの確認事項の覚書

poderosaやffftp共通

・ポートが開いているか
サーバー側のルーターにアクセスしてポートが開いているか調べる。
poderosa(SSH)は22番
ffftpは20~21番

・必要なサーバーソフトは立ち上がっているか
poderosa(SSH)httpd(Apache)が起動しているか確認
ffftpはsftpdが起動しているか確認

・iptablesが接続の邪魔をしていないか
iptablesの設定を確認。もしくは起動を終了させる。iptablesの設定例

なお、初期設定ではrootを使ってffftpでログインできない
詳細

ffftpで接続はできるのにサーバー側のファイル一覧が表示されない場合は、サーバー側でPASVモードの接続が許可されてない可能性が高い。「設定変更」-「拡張」タブ-「PASVモード」のチェックをはずす。もしくはサーバー側の設定を変更してPASVモードでの接続を許可する。

参考ページ

1 / 212