CentOS


【さくらVPS】PHPセッションファイルの保存場所

さくらVPS に PHP をインストールしたときにPHPセッションファイルの保存先と保存先の指定方法について調べたときの覚書

セッションファイルの保存場所は、 php.ini の session.save_path ディレクティブで指定できる。しかしデフォルトではコメントアウトになっていた。

その状態で phpinfo() を実行すると、 session.save_path の右カラムは no value になっている。

savepath

ターミナルから phpinfo を見る場合
-------------------------------------------------
cat /etc/php.ini | grep session.save_path
-------------------------------------------------

実際のセッションファイルは左カラムに記載されているパスにある。

セッションファイルのあるパス
-------------------------------------------------
/var/lib/php/session
-------------------------------------------------

で、このパス(/var/lib/php/session)はどこで設定しているのかというと、php.conf ファイルになる。

-------------------------------------------------
cat /etc/httpd/conf.d/php.conf
-------------------------------------------------

php.conf 内の記述
-------------------------------------------------
php_value session.save_path "/var/lib/php/session"
-------------------------------------------------

セッションファイルの保存先を変更したいなら、php.ini の session.save_path のコメントアウトを外して有効にすればいい。

変更前
-------------------------------------------------
;session.save_path = "/tmp"
-------------------------------------------------

変更後
-------------------------------------------------
session.save_path = "希望の保存先パス"
-------------------------------------------------

さくらVPSにphp-mecabを入れたときの覚書

さくらVPSにphp-mecabを入れたときの覚書手順
1.mecab を入れる
2.php-mecab を入れる

参考にしたサイト
phpでmecab

手順は参考サイトどおり。自分なりの捕捉を入れた。

ソースコードをインストールする場所に移動
-------------------------------------------------
cd /usr/local/src/
-------------------------------------------------

ダウンロードと解凍
-------------------------------------------------
wget http://mecab.googlecode.com/files/mecab-0.996.tar.gz
tar xvf mecab-0.996.tar.gz
-------------------------------------------------

解凍したディレクトリに移動
-------------------------------------------------
cd mecab-0.996
-------------------------------------------------

configure で Makefile をつくる
-------------------------------------------------
sudo ./configure --enable-utf8-only
-------------------------------------------------
※「configure」というシェルスクリプトを実行することで、ソースファイルをコンパイルする前に、インストール対象となるシステム特有の機能/情報をチェックし、チェック状況を記述したMakefileが作成される。

コンパイルとインストール
-------------------------------------------------
sudo make
sudo make install
-------------------------------------------------

この時点で mecab を実行すると 辞書がないエラーが出る
-------------------------------------------------
# mecab
param.cpp(69) [ifs] no such file or directory: /usr/local/lib/mecab/dic/ipadic/dicrc
-------------------------------------------------

バージョン確認だけならエラーは出ない
-------------------------------------------------
# mecab -v
mecab of 0.996
-------------------------------------------------

辞書「mecab-ipadic-neologd」のインストール

-------------------------------------------------
cd /usr/local/src/mecab-0.996/
mkdir library
cd /usr/local/src/mecab-0.996/library
git clone --depth 1 https://github.com/neologd/mecab-ipadic-neologd.git
cd /usr/local/src/mecab-0.996/library/mecab-ipadic-neologd/
./bin/install-mecab-ipadic-neologd -n
-------------------------------------------------

動作確認が終了したら続いて、php-mecab のインストール

-------------------------------------------------
cd /usr/local/src/
wget https://github.com/rsky/php-mecab/archive/master.zip
unzip master.zip
cd php-mecab-master/mecab
phpize
sudo ./configure
sudo ./configure --with-php-config=/usr/bin/php-config --with-mecab=/usr/local/bin/mecab-config
sudo make
sudo make install
-------------------------------------------------

./configure の途中で re2c が無いみたいなエラーが出たのでインストールする

re2c をインストール
-------------------------------------------------
wget http://jaist.dl.sourceforge.net/project/re2c/re2c/0.13.7.5/re2c-0.13.7.5.tar.gz
tar zxvf re2c-0.13.6.tar.gz
cd re2c-0.13.6
./configure
make
make install
-------------------------------------------------

再び./configure からやり直し
-------------------------------------------------
sudo ./configure
sudo ./configure --with-php-config=/usr/bin/php-config --with-mecab=/usr/local/bin/mecab-config
sudo make
sudo make install
-------------------------------------------------

シンボリックリンクの作成
-------------------------------------------------
sudo ln -s /usr/lib64/php/modules/mecab.so /etc/php.d
-------------------------------------------------

php.iniの編集
-------------------------------------------------
vim /etc/php.ini
-------------------------------------------------

/etc/php.ini
-------------------------------------------------
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
; Dynamic Extensions ;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

; If you wish to have an extension loaded automatically, use the following
; syntax:
;
; extension=modulename.extension
;
; For example, on Windows:
;
; extension=msql.dll
;
; ... or under UNIX:
;
; extension=msql.so
;
; ... or with a path:
;
; extension=/path/to/extension/msql.so
;
; If you only provide the name of the extension, PHP will look for it in its
; default extension directory.

;;;;
; Note: packaged extension modules are now loaded via the .ini files
; found in the directory /etc/php.d; these are loaded by default.
;;;;

;php-mecab を動かす記述
extension=mecab.so

;mecab-php の辞書のパス
mecab.default_dicdir="/usr/local/lib/mecab/dic/mecab-ipadic-neologd"
-------------------------------------------------

apacheの再起動
-------------------------------------------------
service httpd restart
-------------------------------------------------

動作確認
-------------------------------------------------
php -r 'phpinfo();' | grep 'mecab' -i 
-------------------------------------------------

以下のようになっていれば問題ない。
-------------------------------------------------
mecab
MeCab Support => enabled
MeCab Library => 0.996 => 0.996
mecab.default_dicdir => no value => no value
mecab.default_rcfile => no value => no value
mecab.default_userdic => no value => no value
-------------------------------------------------

test.php
辞書の読み込みをしてないとエラーになる
-------------------------------------------------
<?php

$str = 'この焼肉は焼きにくい';
$mecab = new Mecab();

$nodes = $mecab->parseToNode($str);

foreach ($nodes as $n)
{
echo $n->getSurface() . "
";
echo $n->getFeature() . "
";
}
?>
-------------------------------------------------

使用する辞書を PHP で指定する場合
-------------------------------------------------
$options = array('-d', '/usr/local/lib/mecab/dic/mecab-ipadic-neologd');

$mecab = new MeCab_Tagger($options);
-------------------------------------------------

【さくらVPS】awstatsでアクセス解析する

参考サイト
さくらVPS アクセス解析AWStatsを導入・インストール・設定
さくらのVPS -AWStatsのインストール&初期設定-
はじめての自宅サーバ構築 - Fedora/CentOS -

ベーシック認証導入の参考サイト
さくらのVPS -AWStatsのインストール&初期設定-

さくらVPSと同じドメインのメールを使う

さくらのVPSをメールサーバーにするよりさくらのメールボックスを利用したほうが簡単なのでその方法。

参考ページ
さくらのVPS-さくらのメールボックスでウェブサイトと同じドメインを使う
さくらメールボックス連結のVPSメールサーバーMX設定
さくらのナレッジ

メールの作成は、さくらのサーバーコントロールパネルから行う
メールアドレスの作成・変更・削除

pearでcould not extract the packageエラー

pearで新しいパッケージをインストールするとエラーが出る。

-------------------------------------------------
could not extract the package ~
-------------------------------------------------

tgz ファイルが展開できないという内容らしい。

以下のサイトを参考に対処
pearコマンドでcould not extractのエラーが発生

インストール時の解凍に失敗する Tarのバグ(PEAR/Archive/Tar.php)

PEAR on PHP 5.5: could not extract package.xml

原因は Archive_Tar のバグ。なので Archive_Tar 自体をアップデートを試みるが、Archive_Tar のファイル自体が解凍できないので解決できない。

-------------------------------------------------
pear upgrade Archive_Tar
downloading Archive_Tar-1.4.2.tgz ...
Starting to download Archive_Tar-1.4.2.tgz (20,624 bytes)
.....done: 20,624 bytes
could not extract the package.xml file from "/tmp/pear/download/Archive_Tar-1.4.2.tgz"
Download of "pear/Archive_Tar" succeeded, but it is not a valid package archive
Error: cannot download "pear/Archive_Tar"
Download failed
upgrade failed
-------------------------------------------------

解凍はできないけどファイルのダウンロードはできているようなので手動で解凍。

-------------------------------------------------
tar zxvf Archive_Tar-1.4.2.tgz
-------------------------------------------------

解凍したファイルと問題のあるファイルを置き換える

ファイルの場所を確認
-------------------------------------------------
find / -name Tar.php
/usr/share/pear/Archive/Tar.php
/tmp/pear/download/Archive_Tar-1.4.2/Archive/Tar.php
-------------------------------------------------

ファイルの置換
-------------------------------------------------
cp /tmp/pear/download/Archive_Tar-1.4.2/Archive/Tar.php /usr/share/pear/Archive/
-------------------------------------------------

これでOK。

古い pear がインストールされたのが原因だったので pear 自体をアップグレードしておく
-------------------------------------------------
pear upgrade PEAR
-------------------------------------------------

さくらvpsでphpmyadminをインストールする

さくらのvpsで phpmyadmin をインストールしたときの覚書

phpmyadmin は 下記ページの後半を参考にすればいい。

さくらのナレッジ Webサーバーを構築しよう(2)

しかし説明のとおりインストールすると、標準でインストールされる php5.3 向けの phpmyadmin がインストールしようとしてエラーが出て完了しない。

php5.6 だとこれではインストールできない
-------------------------------------------------
yum install phpmyadmin
-------------------------------------------------

yum install phpmyadmin で依然入れたバージョンを削除するなら簡単にアンインストールできる
-------------------------------------------------
yum remove phpmyadmin
-------------------------------------------------

なので、php のバージョンに合った phpmyadmin をインストールする

php5.6 で yum を使って phpmyadmin をインストール
-------------------------------------------------
-y --enablerepo=remi,remi-php56 phpMyAdmin
-------------------------------------------------

【さくらvps】ibdata1 is of a different size でmysqlが起動できない

mysql を 5.1 から 5.6 に update した際、 mysql が起動できなくなった。

起動に失敗
-------------------------------------------------
/etc/init.d/mysqld start
MySQL Daemon failed to start.
Starting mysqld: [FAILED]
-------------------------------------------------

cat /var/log/mysqld.log

エラーログの内容
-------------------------------------------------
[ERROR] InnoDB: auto-extending data file ./ibdata1 is of a different size 640 pages (rounded down to MB) than specified in the .cnf file: initial 768 pages, max 0 (relevant if non-zero) pages!
-------------------------------------------------

これは設定変更後 ibdata1 のファイルサイズが違うため起きるエラーのよう。なので ibdata1 関連のファイルを削除する

my.cnf でデータの保存先を確認
-------------------------------------------------
cat /etc/my.cnf
-------------------------------------------------

my.cnf で確認したデータのある場所
-------------------------------------------------
datadir=/var/lib/mysql
-------------------------------------------------

データのある mysql ディレクトリに移動し、問題のファイルがあることを確認
-------------------------------------------------
cd /var/lib/mysql
ls
ib_logfile0 ib_logfile1 ibdata1 mysql
-------------------------------------------------

すべて削除
-------------------------------------------------
rm -rf ib_logfile0
rm -rf ib_logfile1
rm -rf ibdata1
-------------------------------------------------

再起動できた
-------------------------------------------------
/etc/init.d/mysql start
Starting mysqld: [ OK ]
-------------------------------------------------

ファイル削除の参考my.cnfでinnodb関連の設定後、MySQLが起動しなくなった

しかし新たなるエラーが発生

エラーログの内容
-------------------------------------------------
[ERROR] Missing system table mysql.proxies_priv; please run mysql_upgrade to create it
-------------------------------------------------
このあとにもたくさんのエラーが続く

please run mysql_upgrade to create it という内容なので update を実行

-------------------------------------------------
mysql_upgrade -u root -p
-------------------------------------------------

エラーが出なくなった

【さくらvps】CentOS6 で php を update

標準リポジトリから php をインストールしたら php5.3 だったので、php5.6 にした時の覚書

現在有効なリポジトリの一覧を表示

コマンド
-------------------------------------------------
yum repolist all
-------------------------------------------------
status が enabled となっているのが有効なリポジトリ

epel は有効になっていた

最新バージョンの php を手に入れるには Remi リポジトリを利用するのがいいらしいので、使えるようにする。

CentOS6系で Remi リポジトリをインストール
-------------------------------------------------
rpm -Uvh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-6.rpm
-------------------------------------------------
以下ほぼこちら通り:CentOS6/CentOS7にPHP5.6/PHP7をyumでインストール

現在のPHPバージョンを確認
-------------------------------------------------
rpm -qa | grep php
php --version
-------------------------------------------------

現在のphp を削除(しなくても update されるけど念のため)
-------------------------------------------------
yum remove php-*
-------------------------------------------------

PHP5.6をインストール
-------------------------------------------------
yum install --enablerepo=remi,remi-php56 php php-devel php-mbstring php-pdo php-gd
-------------------------------------------------

さくらレンタルサーバーからvpsへの引っ越し手順

さくらレンタルサーバーから vps への引っ越し手順の覚書

引っ越しをするときは、vps の設定をすべて済ませておくこと。php や mysql も使える状態になってから引っ越し作業に取り掛かる。設定に戸惑ってダウンタイムが長くなるのを防ぐため。

vps を借りてからの設定についてはこちら

お名前かさくらどちらかでネームサーバーを変更

共用サーバーを利用していた時はさくら側で設定が必要だったが、vpsの場合、お名前でもさくらでもどちらで設定してもいい

お名前側で設定する場合

さくら側で設定する場合

さくら側で設定する場合、さくらレンタルサーバーでのネームサーバーの指定を解除しておく必要がある。その後二時間は再設定できないので、早く済ませたいならお名前側で設定するほうがいい。

E212: Can't open file for writing の対処法

vi で存在しないパスを指定して保存を実行するとエラーが出る。

:w や :wq でエラー
-------------------------------------
E212: Can't open file for writing
-------------------------------------

この場合、:w や :wq に続けて保存先のパスを指定するといい。

-------------------------------------
:w /PATH/

OR

:wq /PATH/
-------------------------------------

1 / 212