CentOS6のインストールで「GPTブートディスクを非EFI環境のシステムでお使いです」

3TBのHDDを二つ用意してCentOS6.7にRAID1構成でインストールを試みた。

こちらのページを参考にパーティションを構成してインストール作業を進めていくと警告表示される。

-----------------------------------
警告:
GPTブートディスクを非EFI環境のシステムでお使いです。おそらく、これはBIOSがGPTディスクからの起動をサポートしていないため動かないでしょう。
-----------------------------------

GPTブートディスクとは、2TBより容量の多いHDDのことらしく、これまでのBIOSでは扱えないディスクサイズを指すらしい。警告を対して気にも留めずインストール作業を最後まで終え、PCを再起動するとBIOS(UEFI)画面が表示されるだけでCentOSは起動しない。

これの解決策は、DVDドライブにCentOSのインストールディスクを入れてPCをリブート。BIOS画面に入ってブートメニューから「UEFI: DVDドライブ名」を選択してUEFIモードでインストール工程を処理していけばいい。