Sccure boot violationでCentOSがインストールできない時の対処法

新しく購入したPCにCentOS6.7をインストールする際、Sccure boot violationというエラーが出た。

エラーメッセージ
-----------------------------------
The system found unauthorized changes on the firmware, operating system or UEFI drivers.

Press [OK] to run the next boot device, or enter directory to BIOS Setup if there are no other boot devices installed. Go to BIOS Setup > Advanced > Boot and change the current boot device into other secured boot devices.
-----------------------------------

google翻訳
-----------------------------------
システムは、ファームウェア、オペレーティングシステムまたはUEFIドライバに不正な変更を発見しました。

[OK]を押すと次のブートデバイスを実行、またはインストールされない他のブートデバイスがない場合は、BIOSセットアップにディレクトリを入力します。 BIOSセットアップ>詳細設定>ブートに移動し、他のセキュアなブートデバイスに現在のブートデバイスを変更。
-----------------------------------

Sccure bootはPC起動時にOSのデジタル署名をチェックする機能らしく、デジタル署名のないOSは、起動できないらしい。

•Linux OSの場合、ほとんどがSccure bootに対応していないため、エラーが出る模様。

解決策としては、Sccure bootをUEFIで無効にすればいい。

BIOS(UEFI)を起動して「Advanced Mode」 → 「Boot」→ 「Secure Boot」の項目をクリック。「OS Type」のところを「Windows UEFI mode」→「Other OS」に変更すればいい。