windows7でコマンドラインからjheadコマンドを使う方法

jheadはExif(エグジフ)ファイルの情報を編集・削除するためのプログラム。

コマンドラインから使うための覚書。

1.jheadのプログラム(jhead.exe)をダウンロードする。

ダウンロード元
--------------------------------------------------

http://www.sentex.net/~mwandel/jhead/

--------------------------------------------------

このときアバストというウイルス対策ソフトを使っていてダウンロードの誤検出された。スキャンから除外する設定をして対処。

2.PATH を通す。

ダウンロードしたファイルは適当なところに置いて、そこにパスを通す。

C:\Program Files (x86) に jhead というフォルダを作ってその中にプログラムを置いたら

jhead.exe の置き場
--------------------------------------------------
C:\Program Files (x86)\jheadフォルダ
--------------------------------------------------

コマンドラインからパスを通す
--------------------------------------------------
C:\Users\○○>path C:\Program Files (x86)\jheadフォルダ
--------------------------------------------------

これで使えるようになる。

なお PATH コマンドでパスを通すやり方はコマンドプロンプトを閉じると無効になるので、頻繁に使うなら windows の環境変数に jhead のパスを追加しておくといい。

3.コマンドの一例

Exif情報を削除
--------------------------------------------------
jhead -purejpg C:¥Users¥目的のファイル.jpg
--------------------------------------------------

Exif情報を削除(すべてのjpgファイル)
--------------------------------------------------
jhead -purejpg C:¥Users¥*.jpg
--------------------------------------------------

Usersディレクトリのサブディレクトリを対象にする
--------------------------------------------------
jhead -purejpg C:¥Users¥*¥*.jpg
--------------------------------------------------

ヘルプを見る
--------------------------------------------------
jhead -h
--------------------------------------------------

ヘルプを見る(パスが通ってない場合)
--------------------------------------------------
C:\Program Files (x86)\jheadフォルダ\jhead -h
--------------------------------------------------

UWSCで「Exif情報を削除」を実行(パスを通してない場合)
--------------------------------------------------
CMDSTR = "<#DBL>C:\Program Files (x86)\jheadフォルダ\jhead<#DBL> -purejpg <#DBL>C:¥Users¥目的のファイル.jpg<#DBL>"

DOSCMD(CMDSTR,FALSE,TRUE)
--------------------------------------------------
<#DBL>がいるのはパスの途中に半角スペースがある場合のみ